ワルテルと天使たちと小説家

お日様を待つ



 季節外れのどか雪が降った翌日、軽井沢は薄い霧に覆われた。
 霧の向こうで日の出がはじまる。

 マンマイは雪に埋もれてお日様を待つ。


16_1126_12.jpeg

 少しずつ、でも確実に東の空は明るくなり、霧で輪郭がぼやけたお日様が姿を現す。

 日の出の瞬間を待っていたというように、またワンズは遊び出す。

 霞む太陽と、オレンジに煙る霧と。
 まるで別世界に来たみたいだった。


16_1126_19.jpeg

 昨日は父ちゃん、二日酔いで撃沈。

 更新できなくてごめんなちゃい!


16_1126_13.jpeg


  1. 2016/12/02(金) 08:50:19|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

願い



「アッ君、お爺ちゃん犬になった姿、ちゃんと見せてね」

 母ちゃんがアイセに語りかける。
 しょっちゅう語りかける。

「そうだぞ、アイセ。よぼよぼになった姿、ちゃんと見せろよ」

 父ちゃんも言う。


16_1126_10.jpeg

 マージはお婆ちゃんになった姿を見せてくれた。
 顔が白っぽくなって、足腰が弱くなって、痩せて、それでもにこにこ、幸せそうに微笑んでいた。

 ワンコってのはそういうものだと思っていた。

 でも、ワルテルもソーラも、老いがはっきりと姿を現す前に旅立ってしまった。


 だからアイセ、父ちゃんも母ちゃんも心のそこから見たいんだ。
 お爺ちゃんになったおまえを。

 よぼよぼになったおまえを撫でながら、穏やかに日々を過ごせるようにと願ってるんだ。

 だからアイセ、頼むよ。
 お爺ちゃんになって、おれたちのそばにいてくれよ。


16_1126_20.jpeg

 バニも6歳を過ぎると、飼い主はちょいとばかり気にしぃになってしまう。
 余計なこと考えずに、日々を、その時その時を一生懸命生きてりゃいいんだとわかっていても、気にしてしまう。

 マンマイとめっちゃ遊んでるから、足腰の衰えはまだ心配しなくてもいいだろう。
 でも、その他のことは……

 美味しくて体にいいご飯つくってやるからな。
 余計なストレスを感じずに済むよう、日々、心穏やかに過ごすからな。

 だから、頼む。

 お爺ちゃんになった姿を見せておくれ。


16_1126_18.jpeg
 
  1. 2016/11/30(水) 09:33:38|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

消えないもの



 昨夜は東京から編集者らが来軽。打ち上げと次回作の打ち合わせを兼ねて会食した。

 場所は新軽井沢のイタリアン・レストラン、プリモ・ピアット。

 11年前、マージの闘病のため軽井沢で夏を過ごした時からのお気に入りで、想い出の店だ。


16_1126_19.jpeg

 実は、プリモ・ピアットはオーナーシェフが体を壊し、今日の営業を最後に閉店する。
 その前日に駆けつけたのだ。

 マージやワルテルとの想い出の場所がどんどん消えていく。

 母ちゃんはおセンチモードに突入していた。


16_1126_30.jpeg

 確かに寂しい。けれど、形あるものはいつか失われる。
 永遠に続くものなどないのだ。
 永遠に準じるものがあるとすれば、それは愛だ。
 愛に満ちた想い出だ。
 形は失われても、想い出は残る。

 だから、父ちゃんは写真を撮り続けているのかもしれない。


16_1126_26.jpeg


  1. 2016/11/29(火) 09:03:26|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

嬉し楽しの顔



 雪に埋もれて感触を楽しみながら、でも、マンマイの目はお兄の動きを追っている。

 お兄が隙を見せたら、奇襲をかけるのだw


16_1124_14.jpeg

 お兄に突進して、組んずほぐれつして、雪を蹴散らして走って……


16_1124_29.jpeg

 ちょっと疲れたら、また雪に体沈めて……


 しっかしマンマイ、にっかにかだぞ。
 雪まみれでも、嬉し楽しなのがよぉくわかるぞwww



16_1124_24.jpeg

 昨日の雨で雪はほとんど溶けてしまった。
 次に積雪するのは、やっぱ例年通り、12月の半ばを過ぎてからかなあ……


  1. 2016/11/28(月) 08:43:17|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

White Birthday



 結局、積雪は30センチ!!
 11月としては五十数年ぶりの大雪だったそうな軽井沢。

 朝の散歩の時点では10センチちょっとぐらいの積雪だったが、秘密基地へ向かう車の中で、アイセもマンマイも「早く早く~」と
言わんばかりに、鼻をぴーぴー鳴らしていた。

 わかってるんだな、雪が積もってることを。
 めっちゃ楽しい雪遊びができることを。

16_1124_3.jpeg

 車から降ろして、リードを外してやった途端、二頭とも大爆走開始。
 さらっさらのパウダースノウを蹴散らして、走る、走る、走る。

 思う存分駆け回ったら、今度は取っ組み合いだ。


16_1124_8.jpeg

 もうカメラのオートフォーカスが効かないぐらいに雪が降りしきっていたけれど、父ちゃんも大興奮。
 ワンズと一緒に駆け回った。

 おおよそ一時間、ワンズは休む間もなく遊び続けた。

 そして、帰宅して朝ご飯を食べるとそのままバタンキューの大爆睡w


16_1124_13.jpeg

 アイセ、一日早かったけど、素敵な誕生日プレゼントだったな。
 大満足だろ?
 おまえは本当に雪に恵まれてるなあ。

 今日は父ちゃん、どうしても外せない仕事があって上京だ。おまえたちの飯代稼ぐためだからな。

 クマさんの美味し美味しのステーキ焼いて出かけるから、後で母ちゃんに食わせてもらえ。

 もう6歳か……頼むから、ゆっくり年取ってくれよ。
 おめでとう。
 大好きだよ。


16_1124_27.jpeg

  1. 2016/11/25(金) 09:17:17|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
次のページ

カレンダー

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する