FC2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

新雪



 昨夜、寝る前にワンズをシッコさせるのに外に出たら、いつの間にやらうっすらと雪が積もっていた。

 確かに天気予報で雪マークが出ていたのだが、これっぽっちも信用していなかったのだ。

 とりあえず、空には星が瞬いていたが、天気予報じゃ真夜中に雪マークがまだ出ていた。

 もうちょっと積もってくれよと空にお願いしながら床についた。


19_0118_6.jpg

 しかし、今朝目覚めると、積雪量は変わらず。

 ほんとに今年の冬は雪が積もらんなあ……(溜息)。

 一縷の望みを抱いて、朝の散歩は千ヶ滝へ。

 こちらは積雪3、4センチといったところ。
 すぐに溶けちゃう積雪量だが、ないよりはましだ。

 ワンズも大喜び。

19_0118_11.jpg

 だれの痕跡もない新雪の上を歩くのは、人間も気分がいい。

 ときおり、狐や猪の足跡を見つけては、夜の山の中を餌を求めてうろつきまわる連中の姿を想像してはにやりとする。


 この雪、今日中に溶けちゃうだろうし、明日はまた北軽遠征かなあ……


19_0118_13.jpg


  1. 2019/01/21(月) 09:16:40|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

大変だ~



 一日が経つのが早い。
 一週間が経つのが早い。

 でもって、もう1月も後半に突入じゃないか。
 ついこないだ正月だったっていうのにっ!!


19_0111_43.jpg

 ものの本によると、子供の頃はほとんどすべてのことが新しい体験で、常に能に刺激があるから時間の経過が遅く感じられ、
年を取るにつれて新しい刺激が入ってこなくなるから時間の経過が早く感じられるようになるのだそうだ。

 それにしても早すぎるぞ~~~~~!!!

 仕事が大変な父ちゃんでした(涙)



19_0111_45.jpg


  1. 2019/01/18(金) 09:08:50|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

夜明け前



 午前6時40分。
 お日様はまだ山の向こうに隠れたままだ。

 空が漆黒から濃紺に変わっていく。

 雪原にはだれもいない。
 人間も。
 動物も。

 聞こえるのはワンズの足音と息づかいだけ。


19_0111_30.jpg

 雪原は森に囲まれ、人の営みからは隔絶されている。

 閉ざされた世界は、父ちゃんとワンズだけの世界だ。


 マイテが走り、アイセが追いかける。
 ときに取っ組み合う。

 ただそれだけのことが妙に美しく、胸躍らせる。


19_0111_31.jpg

 確かに寒い。

 けれどやっぱり、冬が好きだ。


19_0111_33.jpg


  1. 2019/01/17(木) 09:17:36|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

暑いのだそうです……(涙)



 ここ数日は、日中の気温が高めに推移している。
 とはいっても、プラス一桁代前半にしかならないのではあるが。

 真冬日に近い日は、日中、ストーブはつけっぱなしだ。

 だが、少しでも気温が高くなると、父ちゃんと母ちゃんはストーブを消して、厚着をする。

 家の中だというのに、ダウンジャケットを着て過ごすのだ。

 だって、ストーブをつけっぱなしにして、人間には快適な温度になると、ワンズがはぁはぁ言い始めるんだもの(涙)。


19_0111_42.jpg

 ただはぁはぁしているだけならいいのだが、起きている間は居間をうろうろうろうろ歩き回る(ワルテルもそうだったなあ)アイセ
が、床のあちこちにぼたぼたと涎を垂らして歩く。

 この時期は拭き掃除も大変だ。
 冷たい水でぞうきんがけなんてできないし、温かいお湯が出てくるまで夏より時間がかかる。
 その間に、床暖房のせいか、アイセの涎は蒸発し、拭きづらいシミが残ってしまうのだ。

 数分おきに床掃除するぐらいなら、寒い方がいい~~~っ!!

 とある日母ちゃんが切れて、それ以来、ちょっとでも暖かい日はストーブを消して、人間は厚着をするという習慣が根付いて
しまった。

 普段下界で暮らしてる人が冬の我が家に来たら「冷蔵庫の中かよ」って驚くと思うよw


19_0111_46.jpg


  1. 2019/01/16(水) 09:19:08|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

気持ちのいいマイナス12℃の朝



 今朝も今朝とて雪を求めて北軽遠征。

 久しぶりに浅間牧場へ行ってみたが、丘の上の雪は溶けてなくなっていた。
 参ったなあ。

 今年は北軽も雪が少ない。

 北信州まで足を伸ばせばたんまり雪があるのはわかっているのだが、父ちゃん、仕事が忙しくてそこまで遠出してやれ
ないのだ。

 1月半ばまで一回もドカ雪が降らない冬というのは初めてだ。
 真面目に引っ越し考えようかな……


19_0111_19.jpg

 雪が残っているところを、ワンズと遊びながら散歩した。

 気温はマイナス12℃。
 けれど、風がまったくないので寒さは感じず、逆に気持ちがいい。

 上り坂を歩いていると、そのうち体が火照ってきてうっすら汗ばみはじめる。

 踏み固められた雪の上で大の字になって寝転がった。

 雪が火照った体を冷やしてくれて、気持ちいいことこの上ない。


19_0111_24.jpg

 すると、「あ、父ちゃんがごろりんしてる!!」とばかりにアイセとマンマイが駆け寄ってきた。

 やつらの蹴散らした雪が顔にかかる。

 ちべた~~~~っ!!

 慌てて起き上がり、抱きついてくるアイセとマンマイを受け止めた。


19_0111_28.jpg

 写真は先週、千ヶ滝に雪が積もったときに撮ったもの。
 この雪も、綺麗さっぱりなくなった。


  1. 2019/01/15(火) 08:42:45|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する