ワルテルと天使たちと小説家

手料理



 フルールが暮らしているのは谷間の集落だ。
 谷底──集落の一番低い低地には田んぼが広がっている。
 毎年、この時期に遊びに行くと、田植え前の水を張った田んぼが太陽や雲を湛えている。

 いつものように畦道を散歩して、水鏡の写真を撮って……フルールの家に戻ると、訃報が飛び込んできた。


17_0511_9.jpeg

 弟は自殺だった。
 驚きはなかった。50歳目前だったが、もう20年以上いわゆるニート状態が続いていて、いつかこうなるんじゃないかとは
思っていた。
 久しぶりに会った妹と話したら、妹も同じ気持ちでいた。

 自殺であることは一目瞭然の状態で発見されたのだが、一応不審死扱いなので、遺体は警察の元へ。検視が終わるまで
戻って来ない。

 父ちゃんは結局、弟の死に顔を見ないで帰ってくることになった。

 札幌の実家に行くと、30年ぶりぐらいに叔母と従兄弟と言葉を交わした。
 叔母は90歳で、従兄は70歳になっていた。
 いやあ、おれも年をとるはずだ。

 想い出話に花を咲かせられたのは弟のおかげだな。

 札幌と言っても、かなり田舎なので出前を取るにも難儀する場所だから、朝飯、昼飯、晩飯、父ちゃんが作った。
 母に手料理をふるまってやるのはこれが初めてだ。

 大根と油揚げの味噌汁を飲み、「美味しい、美味しい」と呟きながら母は泣いていた。

 日曜になっても弟は戻って来ず、父ちゃんと母ちゃんは後ろ髪引かれながら札幌を後にした。
 火曜日にどうしても日にちを動かせない仕事を東京でしなければならなかったからだ。



17_0511_12.jpeg

 昨日、弟が家に戻って来たという連絡があった。
 今夜が通夜で、明日が出棺。

 父ちゃんは出席できないので、妹と従兄によろしくお願いしますと葬儀を託した。

 そうまでしておれに会いたくなかったか。
 まあ、うるさくて頑固で融通の利かない兄貴だったからな。



 もうすぐキャンピングカーが来るから、年に一度はワンズを連れて母に会いに行こう。


17_0511_14.jpeg


  1. 2017/05/16(火) 08:59:29|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<ぐったり…… | ホーム | 質美の宴>>

コメント

ありがとう

 お辛い事情を目にして 心臓のドキドキが止まりません。
 実は 私の両親も 私が25歳の時に自宅で心中で亡くなりました。やはり 遺体と会ったのは警察の検視の後でした。倉庫の片隅で毛布から母の血の気の無い足が出ていて、、、
 父ちゃん 生きてるって辛い人もたくさんいるんですね。   合掌 
  1. 2017/05/16(火) 09:57:15 |
  2. URL |
  3. モコの母 #-
  4. [ 編集 ]

父さんのご実家はそんなご事情があったのですね。弟さんのご冥福をお祈りします。

父さんの手料理、お母様も嬉しかったことでしょう。もしかしたらアイセくんとマイテちゃんをお母様がナデナデ、ハグハグする光景もこれからあるかも、と考えるとなんだかこちらまで嬉しくなります。

しかしアイセくんとマイテちゃんの飛んでいる姿は、生命力もあってかっこいいですね。
  1. 2017/05/16(火) 10:45:35 |
  2. URL |
  3. やん #i.VbLXTQ
  4. [ 編集 ]

弟さんのご冥福をお祈りします。

仕方ないですが 生きてて欲しいですね。
家にも一人 ずーっと求職活動中がおります。
一応、そういう心配もしています。が、
いつかは希望が叶うと、信じようと思ってます。

キャンピングカー待ち遠しいですね。
お母さまや叔父さんもアイセ君やアンマイちゃん
の無邪気な姿に癒されると思います。
弟さんも 笑顔になられるといいですね。

  1. 2017/05/16(火) 13:27:19 |
  2. URL |
  3. Keiko #lbyErxvE
  4. [ 編集 ]

新車のキャンピングカーで、家族揃って行ってあげてください!

  1. 2017/05/16(火) 14:09:41 |
  2. URL |
  3. アロア #-
  4. [ 編集 ]

聴けて良かった~!(^.^)

今日、ラジオで初めて馳パパの声を拝聴しました…!😅
辛い別れが有ったばかりなのに、その声は明るく、お話しの内容も楽しくて、 小説とは真逆のイメージがとても新鮮でした…!😊
ソ―ラと同い年のココアは、癌の手術や治療を乗り越え、10歳を迎えました…!🙋
これからも、ブログを楽しみに、ココア共々頑張ります…!😌
  1. 2017/05/16(火) 18:05:44 |
  2. URL |
  3. ココアのママ #-
  4. [ 編集 ]

ご冥福を祈ります

私の父方の叔父も病気を苦にしての自殺でした。
ずいぶん昔の話で記憶の海に沈んでいましたけど……。
あの時の叔父の歳をいつの間にか越えていました。
  1. 2017/05/16(火) 18:07:00 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

いつかはこうなると。私も母がそうだったので、母が見つかった当時を思い出しました。

いつか帰ってくるかもと玄関のドアが見える廊下に布団を敷いて、夜中怖がりながら待っていた事。

居なくなった翌々日、母に名前を呼ばれた事。

あまりに声が鮮明だったから居るはずのない母を呼び家中探した事。

呼ばれた日に母の命が切れたんじゃないかと叔父に言われた事。

世の中には嘘か本当か知り合いの知り合いに霊能者がいっぱいいる事。

幼い頃、夕飯が豪華だと今日は心中かもと妄想していた事。

お葬式はしたけれど、状態が状態なので棺の中は見れず、悲しくもなく、父だけが嗚咽を漏らす不思議な葬式でした。

  1. 2017/05/16(火) 20:36:51 |
  2. URL |
  3. カルマン #U8VglpUs
  4. [ 編集 ]

お味噌汁

里山の田んぼの水鏡…美しいです!
深い緑にアイセとマンマイの躍動

お母さん、
とても美味しかったのだと思います。

ワンコ達の躍動する姿に
精一杯に今を生きる事を
教えられている気がします。

ご自愛下さい。
  1. 2017/05/16(火) 23:49:11 |
  2. URL |
  3. さとりん #qUMnaME2
  4. [ 編集 ]

弟さんのご冥福をお祈りします。
  1. 2017/05/17(水) 06:45:00 |
  2. URL |
  3. yukari11 #HfMzn2gY
  4. [ 編集 ]

お辛かったですね!
生きているといろんなことが起こります>_<
お母さま喜んで下さって私も嬉しくなりました
落ち着いたらどうぞ深緑の軽井沢でワンズに癒される親孝行を…
  1. 2017/05/17(水) 08:46:40 |
  2. URL |
  3. レオンばあば #DnhE2nBI
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2017/05/19(金) 17:37:56 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1715-78874f78
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する