ワルテルと天使たちと小説家

行ってくるのだ



 留守の間の母ちゃんのご飯は、マトンカレーと、他にお総菜。
 作った!

 留守の間のアイセのご飯用のマッシュポテトと野菜スープ。
 作った!


17_0915_16.jpeg

 というわけで、父ちゃん、今日から登山です。
 今週一杯、更新はおやすみです。

 アイセ、父ちゃんいない間、家と母ちゃんのこと、頼むぞ!!


17_0915_18.jpeg

 
  1. 2017/09/20(水) 09:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

マジですか……



 前回、仕事で上京した折、書店の新宿紀伊国屋本店を知らないというタクシー運転手に出会って激しく驚いた。

 今回は、神保町の三省堂本店を知らないというタクシー運転手に出会った。

 どちらも道はよく知っているのである。

 でも、新宿紀伊国屋は知らない。
 神保町の三省堂も知らない。

 父ちゃんが東京で暮らしていた頃は、どちらもランドマーク的存在だった。

 新宿はまだしも、神保町は書店街でもある。
 なのに、道をよく知っている運転手が三省堂は知らない。

 それだけ「神保町の三省堂まで」と言って乗る客が減っているのだろう。

 父ちゃんたちの業界、ほんとマジ終わってる(号泣)


17_0826_17.jpeg

 犬たちはいい子でお留守番していたようだが、父ちゃん、あまりのショックで唖然呆然。

 うなだれて帰宅したのであった……



17_0829_2.jpeg



  1. 2017/09/08(金) 08:13:44|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

撃沈



 昨日は東京から大勢の編集者がやって来て、父ちゃんを囲んでのBBQ大会。

 父ちゃんも母ちゃんも楽しすぎて飲みすぎて撃沈なんだもん。

 だから今日は写真だけなんだもん♪


17_0901_5.jpeg




 

  1. 2017/09/05(火) 09:03:28|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

こちらこそありがとう



 先日、ある方から鍵コメがあった。

 詳しい内容は書かないが、『神の涙』を読んで救われた、というような内容だった。

 そのコメントを読んで、小説家冥利に尽きると思った。
 書いてよかった。
 たったひとりでも、おれの書いたものを読んで救われたのなら、小説家になった意義があると思った。


17_0826_18.jpeg

 こちらこそありがとう。

 あなたの言葉のおかげで、さらにさらにさらにいいものを書くぞ、書き続けるぞという気持ちが強くなりました。



17_0826_20.jpeg


  1. 2017/09/01(金) 08:02:30|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

新刊のお知らせ

4-408-53712-8.jpg

『神(カムイ)の涙』
8月23日発売
実業之日本社 定価1728円

 北海道の屈斜路湖畔を舞台に、アイヌ民族の文化を背景にした、一種の青春小説です。
 テーマは「ゆるし」。父ちゃんの小説には珍しく、人はほとんど死にませんwww

 予約はこちらから。


 通常の更新はこの下になります。

  1. 2017/08/23(水) 09:00:00|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する