ワルテルと天使たちと小説家

守ってあげる



 雪音、雪音、ぼくの子分の雪音、ぼくの大好きな雪音!!

 あのさ、雪音はぼくの子分だからさ、ボスのぼくとしては雪音に威張る代わりに、雪音を守る義務があるんだ。
 父ちゃんがぼくたちを守ってくれるようにさ。

 ぼくが雪音にべったりくっついてまわるのは、甘えてるからじゃないんだ。ボスの義務として雪音を守ってあげてるんだ。
 雪音がどこにいても、ぼくがそばにいるから安心だよ。近くに敵がいないか、ずっと見張ってるからさ。雪音がどこに行っても、ぼく、必ずそばにいるよ。

10_1010_8.jpg

10_1010_3.jpg

10_1010_4.jpg

10_1010_7.jpg

10_1010_9.jpg

「へえ、ワルテル、おまえ、雪音を守ってるのか?」

 当然だよ、父ちゃん! 雪音はぼくの子分なんだから、守ってやるの当たり前だろ!!

「じゃあ、これはなんだ?」


10_1010_2.jpg


 ……………………まあ、たまには愛嬌ってことで(爆)。

 







  1. 2010/10/13(水) 09:19:26|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する