ワルテルと天使たちと小説家

背後霊



 最初はね、気がつかなかったの。犬舎の人が来て、ソーラ、外に出るよって言って、わたし、他のワンコたちと遊べるんだと思って勢いよく外に出て走り回ったの。
 そしたらそしたら!

「ソーラ」

 父さんの声が聞こえたの。わたし「クゥンクゥン」が止まらなくなって、父さんのところに全速力で走っていって、身体押しつけて、撫で撫でしてもらって、それでもそれでも「クゥンクゥン」が止まらなかったの。

 そしたら父さんが「ソーラ、久々にふたりだけでデートしに行こう」って言って、わたしと父さんだけで浜名湖の岸辺に行ったのー♪

 父さんはずっと優しい声で話しかけてくれて、意味わかんなくてもその声聞くだけで嬉しくて尻尾ぶんぶんになって、あー、なんて幸せなのかしらー。
 また家族みんなで暮らせるの。父さんのそばにずっといられるの!

10_1215_3.jpg


 だけどね、だけどねなの。

 軽井沢のお家に帰ってきたら母さんがこう言ったの。「ソーラ、うちに帰ってきたの嬉しくないの? どうしていつもひねこびた顔してるの?」

 だってだって背後霊がいるの。ただの背後霊じゃなくて、へこへこ好きの背後霊が四六時中わたしにまとわりついて離れないの。うざったくてしょーがないのー(号泣)。

10_1217_2.jpg

10_1217_3.jpg

10_1217_4.jpg

10_1217_5.jpg

10_1217_6.jpg

 ドッグランに行ってもへこへこできる女の子がいなくて、ワルテル、へこへこに飢えてるんですって。

「匂いが薄くなるまで我慢するしかないな、ソーラ」
 って父さんも諦め顔なの。なんとかしてなのー(涙)。








  1. 2010/12/19(日) 09:44:31|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する