ワルテルと天使たちと小説家

ワンコであること、娘であること



 今回の里帰りソーラ、犬舎の女の子たちみんなをまとめきっちゃうぐらいの勢いだったんだって。
 年上とかも関係なくって「とにかくここはわたしが仕切るのー!!」って感じでぶいぶい言わせてたらしいんだよ。

「ほんとにソーラはボス気質ですねえ」って犬舎の人も言ってたからね。

 でも、そんなソーラも我が家にいると、父ちゃんと母ちゃんの従順な娘でぼくの妹。ぼくがどれだけ背後霊しても、たまにしか怒らないよ。いつも困った顔してるだけ。

「犬舎にいるときのソーラはワンコとして正しく振る舞ってるんだ。うちにいるときのソーラは父ちゃんの娘として正しく振る舞ってるんだ」

 そう父ちゃんは言うんだ。
 そういえば、ぼくだって犬舎にいるときは看板犬としてお客さんに愛想振りまいちゃうもんね。仕事だと思ってるからさ。でも、家にいるとき、ううん、父ちゃんがそばにいるときはそんなことしないよ。知らない人に愛想振りまくなんてまっぴらごめんだね。
 父ちゃんが近くにいるときのぼくは、ワンコである前に父ちゃんの息子、父ちゃんの相棒なんだ。仕事なんてパトロールだけで充分。他のことする必要ないんだから。

「ワンコの飼い主は自分のワンコがワンコとして正しく振る舞ってるところ、永遠に見ることができないんだよなあ」

 父ちゃん、ちょっとだけ残念そうに言うんだ。
 ソーラ迎えに行ったときも、ソーラは犬舎の中から外に飛び出てきたときこそ、ぼくたちに気づかずに他の女の子追い回そうとしてたけど、父ちゃんが「ソーラ」って声かけた途端、催眠術がとけたっていうみたいにぱっと「父ちゃんの娘」に戻って、他のワンコのことなんか全然気にしなくなっちゃったもんね。

 群れの中にいるときとそうでないとき、ぼくたちほんとに違っちゃうんだ。

10_1218_4.jpg

10_1218_3.jpg

 
  1. 2010/12/20(月) 09:53:30|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する