ワルテルと天使たちと小説家

どこにも行けない!



 梅雨が明け、夏が来た。
 連日暑い日がこちらでも続いているが、朝晩は過ごしやすくなった。梅雨の間は夜から明け方にかけての湿度が凄まじかったが、夏になった途端、それが下がったのだ。
 昼間は暑い。うだるように暑い。が、日が落ちればエアコンなしでも快適に過ごせるようになる。シーリングファンとサーキュレーターは回しっぱなしだが。
 明け方の気温も18度前後。窓を開けて寝ると、午前4時頃、寒さに目が覚めることになる。

 今日の写真のように雲ひとつないピーカンの晴れの日でも、午前7時までなら、犬たちも暑さで動きが鈍るということもない。

11_0710_2.jpg

 しかし、いいことばかりではない。
 梅雨明け宣言が出された途端、連日、夕方になると雷が鳴るようになった。
 毎日三時間近く恐怖に震えることになったワルテルはへとへとである。

 雷恐怖症は本当に年々酷くなる一方だ。なんとかならんのか。ネットを検索してもこれといった決定的な対処方法はない。ありとあらゆる方法を試してみたのだが……

 雷のシーズンが終わるまでは、我々人間も辛い。夕方から夜にかけて、どこにも出かけられないのだ。昨夜は前々からの約束で食事に出かけたが、恐怖に怯え、震えるワルテルを置いて出かけるのは忍びなかった。
 だからといって、この暑さでは車に乗せて行くわけにもいかない。食事の間中エンジンをかけてエアコンを入れっぱなしにしておかなければあっという間に熱中症になってしまう。

 食事の間中、ワルテルが気になって味などわからなかった。


 雷の季節よ、早く終われ!!



 でも、やっと雷が鳴らなくなってきたなと思ったら、今度は花火のシーズンがはじまるんだよな(とほほ)。

11_0710_3.jpg



  1. 2011/07/13(水) 09:57:59|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

06 | 2011/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する