ワルテルと天使たちと小説家

命日



 日曜日はマージの命日だったんだ。
 もう6年も経つんだ。当時1歳だったぼくももう7歳だよ。月日の流れは速いよね。

「ワルテル、今日は命日だから、マージが来てるんじゃない?」

 母ちゃんがそう言ったんだ。ぼく、マージって名前聞いただけでもうどっきどき。マージ、本当に怖かったんだ。だから、今でも
マージの名前聞くとそわそわしちゃうんだよ。
 父ちゃんと母ちゃんだけじゃない。ぼくだって、ちゃんとマージのこと覚えてるんだから。

 父ちゃんはもうぐだぐだ。マージの命日だっていうのに、今年はソーラも里帰りでいないでしょ?
 いつもの命日はソーラをかたわらに呼んでずっと撫で撫でしてるんだけどね、今回はそれもできないんだから。

「ワルテル、覚えてるか? マージが死んだ直後、おまえ、マージの鼻をぺろりと舐めて、それから、これで邪魔者がいなくなったって顔したんだぞ」

 そうだっけ? よく覚えてないよ。
 でも、マージがいなくなって、マージが独占してた父ちゃんのそばにいつもいられるようになったことは覚えてるよ。
 だって、ソファの横も、父ちゃんが仕事してる足下も、父ちゃんのベッドも、全部マージのものでさあ、ぼく、父ちゃんに甘えたくてもなかなかできなかったもんね。

 その点、ソーラは恵まれてるよ。少なくとも、父ちゃんのベッドはソーラの寝場所だもんね。

IMG_0549.jpg

 マージ、父ちゃんも母ちゃんも、そしてぼくも元気でやってるよ。




  1. 2011/10/18(火) 09:11:27|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する