ワルテルと天使たちと小説家

深まる秋に……



 今日の写真を撮った場所も、買い手のつかない別荘地だ。広大な敷地が区画され、アスファルトの道も整備されている。
 だが、家は一軒もない。
 我々が軽井沢に住み始めた時からこの別荘地はあり、そのまま放置されている。
 開発した業者が倒産でもしたのか。その後も引き取り手がいないのか。別荘地としては理想的な立地条件だとは思うのだが……

 それはともかく、ここもまた、紅葉が美しい。モミジやドウダンツツジが規則的に配置されているのだ。
 今や雑草の天国と化しているが、そんな中でも紅葉したモミジとドウダンツツジはあでやかに己の存在を誇示している。

11_1016_1.jpg

11_1016_7.jpg

 そうそう、昨日から母ちゃんが所用で東京へ行っている。
 家にはわたしとワルテルだけだ。ひとりと一頭なんていつ以来だろう。
 ワルテルはここぞとばかりに甘えてくる。わたしもここぞとばかりにワルテルを可愛がる。
 それが家族であろうと、男という生き物は常に女の視線を意識している。その視線がなくなると、子供のようになってしまうのだなあ。


  1. 2011/10/29(土) 10:13:54|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

カレンダー

09 | 2011/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する