ワルテルと天使たちと小説家

新刊のお知らせ

カバー~1obi

『暗闇で踊れ』
11月30日発売
双葉社刊 定価1890円

 震災前に書きはじめたものを、震災後に出版する。
 わたしだけではなく、多くの作家がそのジレンマに悩んでいることだろう。
 現実では震災抜きの社会は語れないのに、この作品には震災のしの字も出てこない。
 だからといって全面的に改稿する時間的余裕もない。

 詐欺師姉弟と孤独な刑事の物語だ。
 これの連載をはじめた直後、女結婚詐欺師の話題がメディアを独占して苦々しく思ったことをはっきりと覚えている。捕まるならこれが本になった後にしてくれよ~とろくでもない思いにとらわれたっけ。

 カバー写真は仲間のburgちん(写真家 藤本洋一)。


 通常のエントリーはこの下になります。スクロール大変でしょうがご容赦を。

  1. 2011/11/30(水) 09:30:50|
  2. その他
  3. | トラックバック:6
  4. | コメント:5

晩秋の千ヶ滝



 こないだ、久々に千ヶ滝に行ってきたんだ!
 父ちゃん、自分で山登るようになってからは千ヶ滝行ってもつまんないなんて言っちゃってさ! それに、夏の間は人も多かったし、秋になると熊との遭遇のおそれもあるからねー。半年ぐらい足が遠のいてたのかな?

 11月に入っても軽井沢、人が多いよ。震災と原発事故のせいで移住者が増えたのかな。おかげで、ぼくたちいつまで経ってもノーリードで自由にお散歩することができないんだ。

 だから、「今日は千ヶ滝に行くか? さすがにあそこなら早朝はだれもいないだろうから、久々にノーリードで好き放題していいぞ」って父ちゃんが言ったときは、ぼくもう尻尾ぶんぶんぶん!
 ぼくたち山犬だからね。やっぱり、山に行くのが一番好きなんだ!!

11_1127_2.jpg

11_1127_3.jpg

11_1127_4.jpg

 父ちゃんの予想どおり、早朝の千ヶ滝にはだれもいなかったよ。熊ももう冬眠してる頃合いだし、全部ぼくたちで独占!!
あっちの匂い嗅いで、こっちの匂い嗅いで。山の中に住む動物たちの痕跡が残っててスリル満点!!
 パトロールに飽きたらソーラと追いかけっこしてさ、楽しいったらありゃしないんだ。

 どんどん先を進んでたら、父ちゃんがずーっと後ろで遅れちゃっててね、しょうがないから、ぼく、尻尾ぶんぶんさせながら父ちゃんが追いついてくるのを待つんだよ。
 早く! 早く!! ってね。

 やっぱり山は楽しいね~♪

11_1127_5.jpg



  1. 2011/11/30(水) 09:14:22|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する