ワルテルと天使たちと小説家

自慢の娘



「いやー、ソーラってほんとにいい子ですね~」

 今回、犬舎のIさんがしきりにソーラのこと誉めまくるんだ。
 どうしてかっていうと、Iさん、ソーラの歯石取ってくれたんだよね。そしたらソーラ、Iさんのされるがままでおとなしく歯石取ってもらったんだ。
 いろんなバーニーズと接してるIさんだけど、これだけ素直な子は他にいないってことらしいんだよね。

 ちなみにぼくは歯石取り遠慮!
 わけのわかんないもの口の中に突っ込まれるなんて冗談じゃないよ。これだけは母ちゃんはもちろん、父ちゃんにだってゆるさないんだ! Iさんなんてもってのほかだよ。
 この世界でぼくの歯石を取れるのは北軽井沢の獣医さんだけなんだ。それだってぼくのマズルを紐で縛って、みんなでぼくを押さえつけて取るんだからね。

「口周りだけはワルテルの躾け失敗したなあー」
 ってのが父ちゃんの口癖。

 まあ、それはそれとして、ソーラはぼくとは正反対で、口の中に手を突っ込まれようがなんだろうが、絶対に逆らったりしないんだ。
 きっと心の中では「いやよ、いやよ、いやなのー!」って思ってるんだろうけど、態度には出さないんだよね。

 そんなだから、Iさん、ソーラに感心しちゃって「いい子だな~」の連発ってわけ。

 出張から帰ってきた父ちゃん、Iさんのそのつぶやきを聞いて、

「Iさん、今さらなに言ってんの? ソーラは昔からずーっといい子だって言ってるじゃん。おれの自慢の娘なんだから」

 だって。

「そっか。ソーラは父ちゃんがいなくてもいつもどおり、きちんといい子にしてたんだなあ」
 って言って、ソーラをハグして撫で撫でして、ソーラは嬉しくって尻尾ぶんぶんぶん!

 ぼくも父ちゃんにたくさん撫で撫でしてもらいたいけど、やっぱり、歯石取りは遠慮するよ!

12_0118_2.jpg

12_0118_5.jpg



  1. 2012/01/19(木) 10:10:00|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

カレンダー

12 | 2012/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する