FC2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

楽しいねったら楽しいね



 人間たちはうんざり顔の大雪だが、やっぱり犬たちはうっきうきになる。
 ふかふかの雪の上を歩くのなら、ワルテルも靴を履かなくていい。

 もちろん、だからといって、ワルテルは好き勝手に遊んでいいわけじゃない。父ちゃんのばりばりの監視の下、身体に負担がかからない程度に遊ばせてもらえるだけだ。

 ソーラがワルテルの分も走る。駆け回る。

 ひとりで走り回るのに飽きると、勝手にステイがはじまる。父ちゃんのコマンドが出たわけでもないのに勝手にステイして、父ちゃんが「カム」と言ってくれるのを待つのだ。

 10メートル、20メートル、30メートル……もう50メートル離れたかな?
 そう思って振り返るとソーラはステイを続けている。

「カム」

 叫ぶやいなや、ソーラが猛然とダッシュする。

 これを何度も繰り返すのだ。

 胃捻転からはじまって、靱帯断裂の二回の手術。ワルテルが怪我をしたり病気になったりするたびに、ソーラはひとり遊びが上手になっていく。

 12_0305_1.jpg

 そんなソーラを見ていると、父ちゃんの胸は熱くなる。
 なんていじらしいんだろう。なんていい子なんだろう。ワルテルと心ゆくまで遊ばせてやれたらいいのに……

 だけど、大丈夫。
 ソーラはにっかにかだから。

 楽しいの、楽しいのーと全身で叫びながら駆け回ってるから。

12_0305_4.jpg

12_0305_7.jpg

  1. 2012/03/13(火) 10:12:18|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する