FC2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

ソーラが行ってしまった……



 昨日の昼過ぎ、犬舎のIさんとAさんがやって来た。
 ソーラを迎えに来てくれたのだ。

 その直前まで、ソーラは父ちゃんの仕事場で爆睡していた。来客に気づいたワルテルの吠え声で目が冷め、父ちゃんに連れられて玄関に行くと、ソーラはくるりと踵を返し、逃げはじめた。

 IさんとAさんのことは大好きだが、この時ばかりは嫌で嫌でしょうがないのだ。

 可哀想だがリードをつけて玄関へ連れ戻す。立派な身体がぶるぶる震えている。
 父ちゃんは胸がいっぱいになってソーラをぎゅっと抱きしめる。

12_0319_2.jpg

「できるだけ早く迎えに行くからな。我慢してくれ、ソーラ」

 父ちゃんの説得が効いたのか、ソーラは自分から犬舎の車に飛び乗った。
 この辺はワルテルとよく似ている。最初は抵抗しようとするが、ダメだと悟るとすぐに諦め、状況に適応するのだ。

 犬舎の車が行ってしまうと、父ちゃんはとってもとっても寂しくて、でもソーラはもういないから、仕方なくワルテルを抱きしめた。
 ワルテルは父ちゃんについているソーラの匂いを嗅ごうと必死だ。
 ヒート真っ最中のソーラがそばにいたら、ワルテルは寝ない、食べない、常に動き回るという状態になってしまう。

 ワルテルのためにソーラを犠牲にしているという気持ちが消えない。
 だから父ちゃんはなおさら寂しくなる、辛くなる。

12_0319_6.jpg

 ソーラ、寂しいよー。
 ヒートなんてとっとと終わらせて早く帰ってこいよー!!


 

  1. 2012/03/20(火) 09:22:28|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:9

カレンダー

02 | 2012/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する