ワルテルと天使たちと小説家

4月の雪 #1



 目覚めると、外は吹雪いていた。分厚い雪雲が空を覆い、世界は薄暗い。

 今シーズン最後の雪だろうと、いそいそとワルテルを伴って外へ出た。
「さあ、ワルテル、今朝の散歩はどこへ行こうか」

 秘密基地がいい。あそこからだれにも気兼ねせず、思いきり雪を堪能できる。

12_0407_5.jpg

 ワルテルと歩いていると、東の空で雲が薄くなった。柔らかな朝日が降り注いでくる。
 その光を受けて雪がきらきらと輝く。

 ああ、綺麗だな、ワルテル。
 この綺麗な景色を父ちゃんとワルテルで独占だなー。

 ワルテルはご機嫌だ。
 あっちの匂いを嗅いでは父ちゃんのところに戻ってきて、満足いくまで撫で撫でしてもらうと、今度はそっちの匂いを嗅ぎにいく。

 積もりそうにはない。
 でも雪だ。きらきらと輝く素敵な雪だ。

12_0407_1.jpg

 散歩から戻ると雪は小降りになり、やがてやんだ。
 昼前にはすべて溶けて消えてしまった。

 やっぱりこれは、遠い空の向こうにいるだれかjからの贈り物なんだと思えてくるのだ。

12_0407_6.jpg

 それにしても、楽しかったなあ、ワルテル。





  1. 2012/04/09(月) 09:20:04|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する