ワルテルと天使たちと小説家

兄妹そろって……



 午前6時半を少し過ぎたころ、軽井沢を出発。
 あいにくの天気のせいか、下道は空いていて楽ちんドライブ。

 そういえば、今日は第二東名が開通だっけな。よっしゃ、第二東名爆走したろ。
 父ちゃんはそんなことさえ考えていた。
 が、しかーし!! 午前10時半前後、新清水インター付近を通過。その時知った。「4月14日午後3時開通!」
 なんじゃそらー?
 4月14日開通ったら、ふつう、4月14日午前零時開通だろー!!

 いくら叫んでも開通しないので、仕方なくいつもと同じ清水インターからふつーの東名に乗って浜松へ。

 もう、みんな到着しておりました。犬舎に残っているエステル(牝)は当然として、グランもキャプテンも。8歳とは思えないテンションで動き回っている。

12_0414_2.jpg

 一番上のケーキの写真はファビュラス家が送ってくれたんだっけかな? 間違えてたらすみません。
 二番目のケーキはグラン母さん手作り。ちゃんとワルテルが食べられるものでこさえてくれました。感謝です。

 ワンコそっちのけでおしゃべりに夢中になる母さんたち。
 父ちゃんはソーラを連れて別室でまったり昼寝。
 母さんたちのおしゃべりが一段落したところで、さあ、ケーキカットだ、さあ記念写真を撮ろうということで父ちゃんは叩き起こされた。

 しかし!
 狭いところに人間と犬がわんさかいて、犬たちはぐるぐるぐるぐる動き回っており、中でもワルテルは女子を追いかけて追いかけて追いかけて……写真なんか撮れるかー!!

 仕方がないので写真は外で撮ろうということになったのだが……

12_0414_3.jpg

 ケーキに目が釘付けなやつら(キャプテン&グラン)
 ケーキが気になるけど、他のワンコや人間が気になって仕方のないお嬢(エステル)
 女はどこだ、女はどこだのワルテル。

 写真なんか撮れるかー!!

 仕方がないので保護者同伴で記念撮影をすることに。

12_0414_4.jpg
右からグラン、エステル、キャプテン、ワルテル

 これにしたって、50回以上シャッターを切っているのだが、4頭すべてがカメラ目線をくれた写真は一枚も撮れない……
 8歳だというのに、大型犬だというのに、なんという落ち着きのなさ……(溜息)

 まあいいよいいよ、誕生日だ。みんな8歳だ。もう我が儘言ってもゆるされる年齢だ。
 来年も誕生日を祝おう。再来年もみんな一緒に集まろう。


 ワルテルはご飯を食べるのも忘れて手当たり次第に女子を追いかけ回していた。近くに女子がいなくなるとソーラを追いかけまわしていた。
 とにかくご機嫌。とにかく休まない。レントゲンを見た医者が慌てふためくような巨大な腫瘍がある老犬だとは思えない。
 帰りの車の中ではさすがに爆睡。
 幸せな二日間だったに違いない。

「3歳までは幼犬。6歳までは良犬。9歳までは老犬。10歳からは神様の贈り物」

 バーニーズという犬種の短命さを表すこの言葉を何度も噛みしめる。
 根拠もなくずっとそばにいてくれるものだと思ってしまいがちだが、そうではないのだ。
 毎日を、一分一秒を大切にしてやらなければ。

 ワルテル、グラン、キャプテン、エステル、みんなそろって神様の贈り物になろうな!






  1. 2012/04/16(月) 11:14:23|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18

カレンダー

03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する