fc2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

ワルテル分離不安



 ソーラは賢い。ソーラは逞しい。ソーラは優しい。

 でも、ワルテルがそばにいないとなんだか不安になる。

 病院に行く時、ソーラは車の中でお留守番だ。なぜなら、ソーラは病院が大嫌いだから。自分が診察を受けるわけでもないのに、待合室にいるだけでぶるぶる震えてしまう。

「だから、ソーラは車の中でお留守番な」

 でも、ソーラはワルテルがいないお留守番も嫌いなのだ。
 ワルテルがいれば静かにできるお留守番も、ワルテルだけが車を降りた途端、ひんひんぶこぶこ変な鳴き声を出してわたしも連れてってなのー! と訴える。
 しかたがないなと一緒に病院に入るとぶるぶる震えが止まらない。
 だからさー、父ちゃん言ったじゃんか。少しの間だから、車の中で待ってろって。

 病院は相当いやみたいだから、ソーラをまた車に戻す。すると、ひんひんぶこぶこ。
 ワルテルの診察が終わり、家に帰る途中の道の駅に寄ると、ワルテルとソーラは父ちゃんたちが買い物している間、車の中で留守番だ。
 この時、ひんひんぶこぶこはない。ワルテルがいるから安心なのだ。

 我が家ではソーラのことをワルテル分離不安症と診断している(苦笑)。

12_0505_2.jpg

 先日、ヒートの終わったソーラを迎えに行った時、犬舎のIさんがしみじみと呟いた。
「ソーラは本当に賢いなあ」

 ある日、犬舎に5、6人のお客さんがあったそうだ。
 ソーラは人の間をじゅんぐりに回り、撫で撫でしてもらう。
 もちろん、その間も人の出入りはある。車に荷物を撮りに行く人、用を足しに行く人。

 Iさんがなんとなくソーラを観察していると、ソーラはだれに撫でてもらってだれに撫でてもらっていないかをちゃんと把握しているのだという。
 だれかが荷物を取って戻ってきたらその人に撫でなでをねだる。
 だれかがトイレから出てきたら、その人の横にちょこんと座る。
 お客さん全員に撫でてもらう。

 Iさんはそんなソーラを見てしきりに感心したそうだ。




 それほど賢いソーラでも、怒りん坊で威張りん坊のワルテルがいないと留守番ができないのだ。
 犬っていう生き物は本当に面白い。





  1. 2012/05/11(金) 10:51:41|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する