fc2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

一喜一憂



 一喜一憂しないでください。
 医者にはそう言われている。健康な人間だって犬だって、調子のいい時と悪い時がある。
 ましてや大変な病気に冒されているワルテルだ。調子の悪い時は、そりゃ、いかにも具合が悪くみえるかもしれない。
 でも、調子が悪そうだからとこちらが暗くなると、その気持ちに犬も反応する。
 だから、一喜一憂しないでください。

12_0506_3.jpg

 わかっちゃいる。わかっちゃいるのだが、それでも時に心配になる。
 日曜、月曜と、ワルテルに覇気がなかった。相変わらず咳も辛そうだ。
 散歩に出ても足取りが重い。尻尾が垂れている。

 どうした、ワルテル? 調子が悪いのか? どこかいたたなところでもあるのか?
 話しかけると、ワルテルはちょっと不安そうな顔で父ちゃんを見上げる。

 この顔つきには見覚えがある。
 低気圧が近づいている時。雷が鳴りそうな時。

 こわこわなのか? ただそれだけなのか? 具合が悪いとかいたたじゃないのか?
 父ちゃんはワルテルが安心して眠るまで、背中を撫で続ける。
 腕がぱんぱんだ。

12_0506_6.jpg

 今朝、ワルテルは元気に飛び起きた。
「早く散歩に行こうよ、父ちゃん!!」

 外は小雨。どうやら、雷のおそれがなくなったらしい。それでこの元気だ。

 そうかそうか、ただこわこわだったのか。よかった……

 一喜一憂するなかれ。
 それでも揺れる親心。

12_0506_7.jpg



  1. 2012/05/15(火) 11:13:17|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

04 | 2012/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する