ワルテルと天使たちと小説家

小康状態



 昼間、ワルテルは寝る。寝て、寝て、寝まくる。
 時折目覚めて、顔を上げて喘ぐように息をする。
 まるで深い海の底から浮かび上がり、やっと海面に顔を出せたというように。

 おかえりと言って、撫でてやる。
 ワルテルは笑う。幼犬のように笑う。

 水は飲む。一昨日は水も飲めなかったのだから前進だ。
 だが、水以外のものは一切受け付けない。少しでも栄養になるものをと、水になにかを混ぜるとそっぽを向く。

 月曜の昼は「腹減った~」と言わんばかりの勢いで食べてくれていたのだが。

 昼の間、寝て、寝て、眠り倒して、夜になるとワルテルは起きる。
 荒い息を繰り返し、何度も寝返りを打つ(父ちゃんと母ちゃんが打たせてやるのだが)。
 父ちゃんと母ちゃんが寝てしまうと、自分で寝返りを打てないのが苦痛なのか、大きな声を出す。

 昨日は午前二時。
 寝返りを打たせてやった拍子に大量のシッコをして、父ちゃんと母ちゃんはさらにその後始末に獅子奮迅。

 眠いぞー。
 疲れてるぞー。
 でも、なぜだかしあわせなのだ。

 オシッコの始末をしている間、ワルテルは身体から力を抜いて、父ちゃんと母ちゃんにすべてを任せている。
 信頼されているのだ。思うように動かない身体を任せてくれているのだ。
 そう思うと、微笑んでしまうぐらいだ。

12_0827_8.jpg

 さあ、ワルテル、今夜が満月だ。
 一緒に乗り越えるぞ。



注:今日の写真は月曜日に撮ったものです。



  1. 2012/08/31(金) 12:38:19|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:21

カレンダー

07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する