ワルテルと天使たちと小説家

諦めない人



 あれは日曜日だったか。とにかく、ワルテルがなんとか最悪の状況を脱しつつあった時だ。
 先生が、触診しながらワルテルに語りかけていた。

「ワルテル、もう一度歩けるようになろうな」

 本心で言っていることはすぐにわかった。
 なんていい医者なんだろうか。
 先生が全然諦めてないから、父ちゃんと母ちゃんも、ワルテルがどんなに酷い状況になっても案外と平静でいられるのだ。

 だいじょうぶ、だいじょうぶ。先生が全然諦めてないんだからだいじょうぶ。

 マージの時もそうだった。この先生なら誤診されてもゆるせる、そう思える先生だった。

 いい獣医を見つけることも飼い主の義務だなあ。


12_0827_4.jpg

12_0827_5.jpg


  1. 2012/09/04(火) 11:00:12|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する