ワルテルと天使たちと小説家

肩すかし



 夕方から雨が降り出し、時間が経過するごとに風が強まり、どうなることかと戦々恐々としていた。
 八時から九時にかけて、真っ暗な外で風の唸り、風にあおられて揺れる木々のきしむ音、それに凄まじい雨音が重なった。

 しかし、十時を過ぎたぐらいから風雨がやみ、まるで何事もなかったかのような静かな夜が戻ってきた。

 テレビの台風情報を確認すると、台風はすでに群馬に達していた。

 台風の目に近すぎて、逆に酷いことにはならなかったのだろうか?

12_0929_4.jpg

 ワルテルは足のむくみ以外、問題はほとんどなかった。
 いつもより爆睡している時間は長かったけれど、ご飯や水、それに寝返りを打たせてくれの催促をしたし、呼吸が乱れたりすることもなかった。

 あ、夜の11時ごろ、大量にウンチをしたっけ。あれが満月と台風の影響かな。

 今朝はまだご飯を食べていないが、昼頃むくりと起きだして、ご飯食べたいと鼻をぴーぴー鳴らすだろう。

 父ちゃんと母ちゃんは今夜、飛騨高山から送られてきた飛騨牛のステーキと、ちょっといい赤ワインで満月と台風を乗り切ったことへのささやかな祝宴を開くつもりだ。

 頑張ったな、ワルテル。
 頑張ったよな、おれたち。

12_0926_12.jpg

↑数日前に撮った写真。
 柔らかく、暖かい夕日を浴びて、母ちゃんに撫で撫でしてもらって、ついうとうとモードに突入したワルテル。 病気だろうがなんだろうが、幸せそうだ。
 幸せなのはいいことだ。




  1. 2012/10/01(月) 10:25:01|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:24

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する