ワルテルと天使たちと小説家

ころりん父ちゃん



 先週のこと。

 朝の気温は一度。草木には霜が降りていた。

 清々しいほどの秋晴れで、鮮やかなスカイブルーに紅葉の赤が映えている。
 父ちゃんの写真魂にめらめらと火がつくのは当然だ。

 散歩の途中にいい感じの斜面を見つけた。
 てっぺんにソーラを登らせて、下からロウアングルで青と赤、そしてソーラを捉えるのだ。

 ソーラを誘導すべく、まず父ちゃんが斜面を駈けのぼった。霜が降りた草は気をつけないと滑るが、なに、こちとらトレッキングシューズを履いているのだ。なんということはない。

「カム」

 コマンドをかけるとソーラが斜面を駆け上がってくる。
 ベストのポジションでソーラにステイをかけ、あとは斜面を降りて構図と露出を決めてシャッターを切るだけだ。

 あれ?

 脚が滑った。
 トレッキングシューズの靴底が溶けはじめた霜に覆われた草を踏んで、つるつるつるんと滑っていく。
 すってんころりん。
 立ち上がってまたころりん。
 カメラをぶつけないように両手で保持して高く掲げ、父ちゃん、そのまま滑り台みたいに斜面の下まで一直線に滑り落ちた。

 慌てて立ち上がって左右に視線を飛ばす。
 だれもいない。だれにも見られていない。よかったー。

 ひとり赤面しながら、壊れたりしていないかとカメラバッグ等々を点検する。ズボンが泥だらけになっているだけだった。

12_1024_6.jpg

 もちろん、ソーラはころりんすることなどなく、斜面を軽快に駆け下りてきた。



  1. 2012/10/30(火) 09:19:16|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14

カレンダー

09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する