ワルテルと天使たちと小説家

増殖する呼び名



 えと。
 母ちゃんは最初、ぼくに「エルネスト」って名前をつけようかと考えていたんだそうです。
 エルネストっていうのは、有名な革命家、チェ・ゲバラの本名です。
 でも、父ちゃんの「チェ・ゲバラは夭折したからやめようよ」の一言で却下されたそうです。
 夭折って、そんなに怖いものなのかな?

 なのに、ぼくは今、時々「チェ」って呼ばれます。
 チェ・ゲバラとは全然関係ないんです。
 アイセ→アイチェ→イチェ→チェ
 という流れで、いつの間にかチェと呼ばれるようになりました。
 父ちゃんがお酒飲んで機嫌がいいときは「チェッチェ」です。

13_0513_3.jpg

 ぼくにはなぜか、しこ名っていうのもついてます。
 伊勢の花っていうんです。

 ある日、父ちゃんがお風呂に入って、風呂上がりにいつもの父ちゃんとは違う匂いがしたんで、ぼく、くんくん匂い嗅いだんです。
 父ちゃん、パンツ一丁でした。
 そしたら──

「冷たっ! やめろ、アイセ、太股にぬらぬらの鼻くっつけんな。冷たい。やめろっつーてんだろう、イセノハナ!」

 それ以来、ぼくは時々伊勢の花って呼ばれるんです。



 それから、ぼくには時代劇名前というのもあります。

 母ちゃんがぼくのこと、時々「オウギガムネイセ次郎」って呼ぶんです。
 漢字にすると扇胸伊勢次郎だそうです。
 走ってるときのぼくの胸の白毛が扇みたいにぶわって広がるからだそうです。
 でも、いきなり「オウギガムネイセジロー」って呼ばれてもなんのことだか全然わかりません~。

 他にも前にここに書いた、イセ次郎、イセ坊ちゃん、セ! なんかがあります。

 ソーラ姉さんは「ソーラ」か「ソッコ」です。他の名前は持ってません。
 なのにぼくは、この家に来てまだ一ヶ月ちょっとなのに、数えきれないぐらい名前があるんです。
 覚えきれません~(汗)

「わたしも昔はたくさん名前があったのー。でも、いつの間にかソーラかソッコに落ち着いたの。そういうものなの」

 ってソーラ姉さんはいいます。
 ぼくの名前もいつか落ち着くんでしょうか?

 それまでは、名前がたくさんありすぎてよくわからないから、父ちゃんや母ちゃんがなにか喋ったら、とりあえずふたりのところに駆けつけていくことにしてるんです~。

13_0514_7.jpg


  1. 2013/05/17(金) 11:40:35|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:16

カレンダー

04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する