ワルテルと天使たちと小説家

楽しすぎた宴会



 えと。
 金曜日は横溝正史賞っていう文学新人賞の贈賞式とぱーちーっていうのがあって、それで父ちゃん、東京に行ってたんです。
 父ちゃん、選考委員なんです。
 だから、行かないわけにはいかなかったわけです~。

 でも、父ちゃん、いけないことを画策してたんです。
 久しぶりの東京だし、どうせなら美味しいもの食べたいし、ぱーちー会場の食事は味気ないし~、っていうことで、贈賞式にはちゃんと出席して、ぱーちーも最初に顔出して、でも、途中で抜け出して美味しいお鮨食べて、で、ぱーちーが終わる前に会場に戻ってなに食わぬ顔をするってやつです。

13_1127_3.jpg

 ところがっ!

 父ちゃんと編集者だけでお鮨食べるはずだったのが、『ソウルメイト』の宣伝に協力してくれた富士丸父ちゃんこと穴澤さんと、マド母ちゃんこと片野ゆかさんを呼んで、プチご苦労さん宴会をやろうっていうことになったんです。

 おふたりが来たら、もう、美味しいお鮨のことなんか吹き飛んじゃって、ワンコ話で盛りあがって、気がついたら9時をすぎてたそうなんです。

「あれ? もしかして、もうぱーちー終わっちゃった?」

 はい。とっくの昔に終わってました~w

「じゃあ、過ぎたことはしょうがないから、二次会行こう、二次会!!」

 ってことになって、父ちゃんは穴澤さんと片野さん連れて銀座の町を肩で風切って歩いたそうです~。



 よっぽど楽しかったのか、軽井沢に戻ってきた父ちゃん、超ご機嫌でした。
 いつもなら東京から帰ってくると結構不機嫌なんです。

 今回も、暖かいくせにみんなダウンとか着ちゃって、そのくせ建物の中は馬鹿みたいにがんがん暖房かけて、なにが節電だ、なにが脱原発だバカ都民!!

 って怒ることも結構あったらしいんですけど、穴澤さんと片野さんがそんな父ちゃんの不機嫌を吹き飛ばしてくれたみたいです。

 おふたりともありがとうございました&お疲れ様でした~。
 これからも、ぼくらの父ちゃんを見捨てないでやってください~www


13_1127_4.jpg

 
  1. 2013/12/02(月) 09:25:37|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する