ワルテルと天使たちと小説家

涙腺が……



 自分で撮った写真なのに、自分で撮った写真を現像しているだけなのに、突然、涙腺が緩み、コントロールが利かなくなることがある。

 年を取って涙腺がゆるくなっている。
 そしてなにより、自分が切り取ったソーラとアイセの一瞬が永遠に続くものではないことがわかっているからだ。
 いつか、必ず別れがやって来る。犬を飼い続けるというのは、その現実が心に深く刻まれるということでもある。




 おまえたちの笑顔のためなら、父ちゃん、なんだってできるぞ。
 だから、遊べ、走れ。短い一生を思いきり堪能しろ。

13_1204_1.jpg

  1. 2013/12/13(金) 09:13:29|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

カレンダー

11 | 2013/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する