ワルテルと天使たちと小説家

リーダーいればこそ



 ああ、なんて幸せそうなんだ、ソーラにアイセ。

 ファインダーを覗きながら、確かにそこにある形をなした幸せを実感する。

 健康にいい美味しいご飯も重要だろう。散歩に行くのに最高の環境も大切だろう。
 だが、なにより大切なのは、人間が群れのリーダーの役目を果たしているということだ。

 だからこそ、ソーラもアイセも心置きなく生を満喫できるのだ。

 人間がだらしないから、仕方なく群れのリーダーになってしまった犬たちを見ろ。
 常に神経を尖らせてびくびくして、やられるまえにやれと言わんばかりに他者にたいして吠え立てる。

 なんて可哀想なんだろう。

 野生の狼でも、生まれながらリーダーの資質を備えている個体は数パーセントしか生まれて来ないという。ほんの一握り。
 それ以外の多くの個体は、リーダーの指示を待ち、その指示をこなすことに喜びを感じるように生まれついている。

 犬も同じだ。
 大多数の犬は、リーダーを必要としているのだ。役目をちゃんとこなすリーダーの下にいれば、それだけでもう充分に幸せなのだ。

 犬を飼うなら群れのリーダーになる。それが鉄則だ。
 ひとりだけじゃだめだ。人間の家族全員が犬のリーダーになってやらねばならない。

 今は忙しいから、可愛いから。
 そんな言い訳は絶対に口にせず、決めたルールを例外なく守らせる。それだけであなたは犬のリーダーになれる。
 怒鳴る必要も撲つ必要もない。
 決めたルールをただ守らせればいいのだ。例外を作らなければいいのだ。
 それだけでいいのだ。

 不幸な犬をこれ以上増やさないためには、人間を教育するしかないよなあ。
 こんな簡単なことがこれっぽっちもわかっていない飼い主がどれだけいることか……

14_0613_8.jpeg


  1. 2014/06/17(火) 09:14:49|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

カレンダー

05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する