ワルテルと天使たちと小説家

夜明けの男



 氷点下9℃の朝。
 大地も草木もなにもかもが凍てついている。

 吐く息は濃く白く、登山用の防寒ウェアで防御していてもわずかな隙間から冷気が忍び込んでくる。
 マイナス20℃まで保障されている手袋をはめていても、指先が痛い。
 うんちを拾うのが苦痛だ。

14_1207_7.jpeg

 日が昇るとすべてが一変する。
 気温は急激にはあがらない。だが、日の光を浴びただけで気持ちが緩んでいく。
 お日様の光がどれだけ暖かいものなのかを実感する。

 徐々に身体が温まり、火照り、上着を一枚脱ぐ。ついでにニット帽も脱ぎ去ってしまえ。
 ついさっきまでは忌々しかった冷気が、今では心地よいことこの上ない。
 指先の痛みもいつの間にか消えている。


 お日様って、ほんとに凄いんだぜ。


14_1207_8.jpeg


 父ちゃん取材旅行のため、今週いっぱい、更新はお休みします。
 帰ってくる時はソーラも一緒です♪

  1. 2014/12/09(火) 09:56:50|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する