ワルテルと天使たちと小説家

90%



 気温20℃、湿度90%。

 まるでサウナのような朝の軽井沢。おまけに濃霧!

 ただ立っているだけで汗がだらだら。
 ワンズもはぁはぁ。

 でも、霧の向こうに太陽が昇ってくる光景はこの世のものとは思えないほど美しい。


15_0727_9.jpeg

 芝生は朝露でびっしょりだ。
 アイセに何度もひっくり返され、疲れたらすぐに伏せてしまうマンマイはびしょ濡れだ。
 それでも、その顔から笑みが絶えることはない。

 おまえたちのその笑顔を見られるなら、どんなことだってできるぞ。

 ファインダーを覗きながらそう思う。


15_0727_8.jpeg

 少しずつ、少しずつ霧が晴れていく。
 朝の優しい陽光が、霧の粒子を黄金色に染めていく。

 父ちゃん、今、御嶽を舞台にした山の小説を書いてるんだ。
 その小説のクライマックス、濃いガスに覆われた山頂に朝日が差してくる。山が黄金色に染まる。
 ちょうどその場面を今書いている。

 小説で書いているのと同じ光景が目の前に広がった。
 黄金色の霧だ。
 なんてことだ。なんて素晴らしいんだ。

 暑いのも、蒸すのも忘れて、父ちゃんはワンズと共に黄金色の霧の中を駆け回った。


15_0727_12.jpeg

  1. 2015/07/29(水) 08:06:04|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

カレンダー

06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する