ワルテルと天使たちと小説家

愛の創意工夫



 久しぶりに会ったフルールは、後ろ脚が利かなくなっていた。

 利かない方の脚を庇っているうちにもう一方の脚にも負担がかかり、歩くのがとても大変なのだ。



16_0514_36.jpeg

 フルール父ちゃんと母ちゃんは、そんなフルールのために、近所の人に頼んで手作りの介護用パンツをつくってもらった。

 水着の生地でできており、持ち手の長さを調節できる。
 でもって適度な伸縮性があるから、フルールが歩く時の自由度を狭めることもない。

 この介護用パンツで天橋立に行った時のフルールのはしゃぎっぷりったらなかった。

 もうにっかにかで砂浜を駆け回る。
 フルール父ちゃんがパンツの持ち手をしっかり持ってフォローしてくれるので前脚の力だけでも駆けることができるんだ。
 そんなに走らなくてもいいじゃん! っていうぐらい走ってた。

 フルール父ちゃんと母ちゃんは木工職人。
 釘やネジを使わずに、依頼主の注文に応える家具を作る。
 創意工夫が必要なんだな。

 だから、介護用パンツも創意工夫した。
 愛情の賜だ。
 愛の力だけだったら負けてないけど、 父ちゃんには考えもつかないわ。


 でも、このパンツ、便利だと思うなあ。
 どっかで製品化すればヒットするんじゃないかしらん。


 ともあれフルール、後ろ脚の筋肉強化のためにも、もっと砂浜に連れてってもらって、介護用パンツで走りまくれ!



16_0514_37.jpeg





 引っ張りパンツ(父ちゃん命名)のアップの画像を上げてくれというリクエストがあったので、急遽、フルール父ちゃんに
撮ってもらいました。
 持ち手は両端を適当な長さに縛って使います。


引っ張りパンツ

引っ張りパンツ2

  1. 2016/05/20(金) 09:01:03|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15

カレンダー

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する