ワルテルと天使たちと小説家

目覚めた男?



 ワルテルもソーラも、車には自分から飛び乗った。

 だが、アイセは違う。
 荷台に両前脚は自力で乗っけるが、後は「父ちゃん、父ちゃん、早く抱っこして車に乗っけてください~」と父ちゃんが抱きかかえて
乗せてくれるのを待つ。

 それを見て育ったマンマイも、同じように父ちゃんに抱き上げてもらうのを待つ。


17_0207_2.jpeg

 時々、自分で飛び乗れよと思うこともあるのだが、まあ、脚を傷めたりする可能性を考えると、抱きかかえてやるのもしゃあないな
と、この数年、ずっとそれが続いていた。

 ところが!

 先週、父ちゃんと母ちゃんは所用で上京しなければならなくなり、草津のモイラ家にアイセをマンマイを預かってもらった。
 で、翌日、迎えに行ったら、アイセのやつ、自ら車に飛び乗ったのだ。

 それ以降、車には必ず自力で飛び乗る。
 地面が凍っていてつるつるで危険だから、父ちゃんが今までどおり抱きかかえてやると言っても聞かない。
 なにがなんでも自分で乗ります~とばかりに飛び乗るのだ。


17_0207_3.jpeg

 モイラ家は女の園である。
 モイラ母さんにモイラ姉さんに吹雪にラウニ。そして、マンマイ。

 アイセ以外はみんな女子だ。

 もしかするとこやつ、女子たちの前でいい格好みせようと車に自分から飛び乗るようになったのではあるまいか。
 6歳にして、女子の目を意識するようになったのではあるまいかっ!

 ちなみにワルテルは二歳ぐらいで女子の目を気にするようになっていたが(苦笑)。


 いつまで続くのはわからないけれど、とにかく、車には自分で乗ることに目覚めたアイセなのでありましたw


17_0207_7.jpeg


  1. 2017/02/08(水) 09:04:15|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

カレンダー

01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する