FC2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家



 昨日は午前中からアイセが挙動不審。

 そういえば、大気の状態が不安定って言ってたよなあ、午後になったら雷かな?

 と思っていたら、案の定午後1時過ぎ。

 空が真っ暗になったと思ったら、地響きのような雷鳴が轟き、雨が降りはじめた。
 けっこうな土砂降りだ。
 雷こわこわのアイセをなだめてやらなきゃ……次の瞬間、がががががががががっとこれまで聞いたことのないような音がした。


18_0606_4.jpeg

 けっこう大きな……氷砂糖のような雹が無数に落ちてくる。
 こんなでかい雹は初めてだ。

 慌てて席を立ち、居間に向かった。
 犬たちも慌て、怯えている。
 それぐらい凄まじい雹だった。

 居間にいた母ちゃんは不安そうに外を見つめていた。

 ガラス割れたりしないか?
 ああ、こういうときに限って車ガレージに入れてない~。

 雹が降っていたのは2、3分だと思うのが、体感時間は凄く長かったなあ。

 雹がやんだ後に外に出てみた。家の窓ガラスも車も無事だったけど、家の周りは木の葉だらけ。
 緑の絨毯を敷いたみたいになっていた。
 雹の直撃を受けたんだろう。

 農作物の被害もかなりなもんだろうなあ。

 とにかく、恐ろしい雹だった。


18_0606_7.jpeg


  1. 2018/06/13(水) 11:40:54|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

カレンダー

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する