FC2ブログ

ワルテルと天使たちと小説家

くったくた



 昨日は父ちゃん、久々の黒斑山登山。
 昨年11月に痛風やって、症状が治まったと思ったら年末進行ってのがはじまって、そのまま年末に正月。
 1月から始まる新連載書き始めて、と、まったく登る時間が取れなかった。

 なので、登山は二ヶ月半ぶり?

 間違いなく体力筋力落ちているので、適当にゆっくり登ってこようと思っていたのだが……

 天気図を見ると、めっちゃ冬型の気圧配置。こんなときは中止にした方がいいのだが、機能を外すと、またしばらく
登る時間が取れなくなる。
 とにかく、行けるところまで登ってこようと出発した。

 標高2000メートルの登山道入口はマイナス10℃。でもって、風びゅんびゅん。
 薄い手袋一枚で登山靴履いて紐締めて、スパッツつけて、アイゼン装着して……その間に指先が軽い凍傷。
 ずきんずきん痛みはじめた(涙)。

 山肌を見上げるとやはり例年より積雪が少ないようで、それだけが救いだなと自分を慰めて登りはじめた。

19_0118_16.jpg

 んが、登りはじめてすぐに膝上までの吹きだまり。先行の登山者が登った跡はかすかに残っているのだが、猛烈な風が
その跡をかき消していく。

「もういきなりラッセルからよ~」

 と泣きながら雪をかき分けて進む。
 やっと吹きだまりが終わったと思ったら、今度は岩の上に薄く雪が乗っている状態になり、気をつけなければアイゼンの刃を
岩に引っかけて転びそうになる。

 岩場が終わったらまた吹きだまりでラッセル。

 二ヶ月半ぶりのおっさん登山には厳しすぎる~。

 でもって、風が吹き荒れると舞い上がった雪がばちばちばちばちと顔に当たる。
 まるで無数の針が間断なく顔に突き刺さってくるような痛さだ。

 登っているとうっすら汗ばんでくるが、立ち止まると途端に風が体温を奪っていく。


 雪と風に悪戦苦闘すること1時間半、とうとう足がぱんぱんになって心が折れた。

 撤退の途中、十人ぐらいの団体登山者とすれ違った。

 十人も歩けば登山道の雪、踏みならされて少しは歩きやすくなっているかなと思ったのだが、風は甘くない。
 ほんの数分前に十人が歩いたはずの足跡も、すっかりならされて消えていた。

 帰宅してシャワーを浴びると、もう、なにもしたくないほどの疲労感に襲われてベッドに直行、そのまま爆睡。

 ああ、しんどかった。

 犬たち、相手してやれなくてごめんな~。


19_0118_15.jpg


  1. 2019/01/25(金) 08:35:00|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

カレンダー

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する