ワルテルと天使たちと小説家

天寿を全うさせてあげる



 久々にさとりんちゃんからコメントがあった。
 リーベもまだ元気だとか。
 なんだか嬉しい。

 先日、文庫版『走ろうぜ、マージ』の見本が届き、母ちゃんが一冊を手に取った。
 実は母ちゃん、絶対号泣しちゃうからと、今まで読むどころか手に取ったこともなかったのだ。

「なんだか可愛い表紙ねえ」と呟きつつ、表紙を開いたその先に現れたのは、友達のみーちゃんが撮ってくれたマージの写真。
 それを見た瞬間、母ちゃんの目から涙が溢れ出した。

 想い出は消えない。薄れることはあっても消えない。
 ふとしたきっかけで想い出が鮮明になり、溢れ出し、胸を締めつける。

 母ちゃんは、マージの旅立ちに関して、父ちゃん以上に忸怩たるものがあったのだと思う。
 でも、マージのおかげでワルテルの看病、介護、看取りは悔いの残らないほど心を込めて全うすることができたはずだ。

 いつもいつも、犬たちからはなにかを教わる。
 人間は教わったことを、次のワンコたちとの暮らしに応用していくだけだ。

 今、父ちゃんと母ちゃんの頭の中にある最高の看取りとは「天寿を全うさせてあげる」ということだ。
 一分一秒でも長くそばにいて欲しいというのは人間のエゴなんじゃないか。そのために苦痛を伴う治療を受けさせて、それが本当にワンコのためになるのだろうか。
 重い病気にかかっても恐れず焦らず、天から与えられた寿命を全うできるよう、力を貸す。
 それが一番なんじゃないかな、と思う。

 最初のワンコの時は、みんなこれがわからない。
 逝かないでくれ、一分一秒でも長くそばにいてくれ。そう思うのは当然だ。

 でも、二頭め、三頭めと看取っていくうちにその考えは変わる。変わって欲しい。
 だって、ワンコたちが身をもって教えてくれるんだから。

 そんなわけで、『走ろうぜ、マージ』は、一番最初の犬、最愛の犬を失うときの父ちゃんの足掻きが描かれているわけだが、マージのおかげで、ワルテルを看取るときは心穏やかだった。もちろん、大泣きしたけれど。
 ソーラやアイセ、その後に飼うワンコたちを見送るときも、同じなのだろうと思う。
 楽しかった日々の想い出を胸に刻んで、天寿を全うさせてあげるのだ。

14_0716_11.jpeg

  1. 2014/07/18(金) 14:49:07|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<夏来たる | ホーム | 遠征してはみたものの……>>

コメント

本当にそのとおりだ。
我が家にはいま犬はいない・・・。
あの子達を看取ってから、自分と犬達との寿命のことで思うことあり。
体力的にも年を重ねるごとにきついことがあるし・・・もし、抱っこできなくて看てやれなくなったらどうしよう!
私が先に逝ったらどうしよう!?

それが理由ではないが、我が家には4匹の猫と
今はつい先月とこの月保護した仔猫が3匹いる(汗)
この子達に よいとーさん・かーさんを見つけるのに目下奮闘中。
うちのにゃんずも15歳という子もいるし、まだねこを見送ったことがないので未知の世界・・・。
でも、犬も猫も同じだとおもっている。
マージねえさんには うちのワンズの病気や介護に勇気をもらったから。
  1. 2014/07/18(金) 15:29:40 |
  2. URL |
  3. お~じろう #-
  4. [ 編集 ]

本当に父さんの仰る通りです。いつもいつも、
沢山の事をワンコから学びます。命をかけて
教えてくれる事を次のワンコに生かしていく。
大切に、一生懸命、生を全うしようとする
ワンコのお手伝いを出来たらいいな、と思って
います。
  1. 2014/07/18(金) 16:48:02 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ  #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

泣いた。

失敗しました。
会社で読んでしまい、泣きました。
  1. 2014/07/18(金) 18:41:38 |
  2. URL |
  3. のりこ #-
  4. [ 編集 ]

以前、ワルテルに遊んでもらったダイゴです。
そのダイゴロウ(ダックス)まさに今その天寿を全うしてもらうために、飼い主がもがいてます。
手術や抗がん剤はせず、どうにか苦しまないように過ごせないものかと今さらながら調べまくっています。
馳さんのブログはいつも参考になります。
  1. 2014/07/18(金) 18:43:57 |
  2. URL |
  3. groovy #x7SNgv4U
  4. [ 編集 ]

わんこと暮らし始めた頃は本当に無知で、
ただ可愛くて仕方ないだけでした。
たくさんの失敗と後悔を経験しました。
それでも、わんこと暮らす素晴らしさは
忘れられません。
  1. 2014/07/18(金) 19:36:55 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

今まさに

父ちゃん、今まさに、そういう時間を過ごしてます。
大好きな軽井沢に行くのも少し負担になってきたようです。
それでもまだ帰る時に鼻を鳴らして抗議する元気があるならば連れて行ってあげたいという気持ちと、日々いたわって少しでも長く一緒に居たいという気持ちの狭間で揺れています。
悔いが残らないようにという表現は自分本位かもしれないけど、最期の瞬間に一緒に居てあげられるかわからないけど、私の心をたくさん伝え続けたいと思っています。
おかげで超〜〜甘やかし飼い主なうです。
  1. 2014/07/18(金) 21:59:35 |
  2. URL |
  3. TwinkleBoy #ZaMn9npE
  4. [ 編集 ]

「天寿を全うさせる」
深く深く考えてしまいました。
でも、まとまらない!
覚悟はしてるつもりでも、現実にならないと・・・
頭の中でまとめようとしても
それが出来ない。
この重いテーマは飼ったその時から、もう始まっているのに。
  1. 2014/07/18(金) 23:05:25 |
  2. URL |
  3. EBONYママ #-
  4. [ 編集 ]

と、このように教えてくれる先人が必要なのです

教えてくれるのは、いつも経験した人

貴方がたが辛い思いをしたおかげで、私たちは少しでも良い方へ進むことができます
もちろん大泣きだけど

ありがとうございます
  1. 2014/07/19(土) 01:00:29 |
  2. URL |
  3. みん #15qAhEfE
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

天寿を全うさせる…何て重いテーマでしょう。

我が家にも10歳になる愛犬がいます。少しずつ身体の不調を医師により指摘され、診察のたびに愚かな飼い主は一喜一憂しております。
心配を理由に、自己満足な検査や治療で愛犬に負担をかけてしまわない様に、と反省致しました。
まだまだ自信はありませんが、心にとめて暮らそうと思います。
  1. 2014/07/19(土) 08:55:17 |
  2. URL |
  3. yoko.m #-
  4. [ 編集 ]

15日にAZが虹の橋へ行ってしまいました。天寿を全うしてくれたのかはわかりませんが、11年と4ヵ月色んな事をあたえてくれてありがとうと送りました。ちょうどマージちゃんと同じ頃、私も先代バニを見送り、その後本に出会い、このブログに出会い、アドバイス頂いたり感謝でいっぱいです。
  1. 2014/07/19(土) 22:36:50 |
  2. URL |
  3. アズ母さん #-
  4. [ 編集 ]

はじめまして

いつも、こっそり拝見しています。
来月、11才になるバニの母ちゃんです。男の子です。私も前に、ゴールデンの子を六歳前になくしました。無理な治療と、口の中に流動食を無理矢理いれるとかしていました。ホントにかわいそうな事をしていました。今の子も、いろんな問題がありますが、もう、私たちとワンコのペースで暮らして行きたいと思っています。先日は、サイン会、いきたかったです。また札幌にいらして下さい。





  1. 2014/07/19(土) 23:52:40 |
  2. URL |
  3. アンディの母 #nLFQAz4w
  4. [ 編集 ]

心を込めて関わりたい

一分一秒でも長く…
そう思っていました。

15年共に生きてくれて本当に幸せです。
リーべには感謝しています。
身体が弱ってきている今、
今度は私が心を込めて天寿を全う出来るよう
お世話したいです。
  1. 2014/07/20(日) 19:24:57 |
  2. URL |
  3. さとりん #Qvhj6iC6
  4. [ 編集 ]

大切にしていればいるほど、少しでも長く・・・と思うのは当然のことですよね。
けれど、それは無理やりではなく自然な状態で、と今は思っています。
拡張型心筋症で、最期はもがき苦しみながら逝かせてしまった最初の犬が、それを教えてくれました。

何とかしてやりたくて、通院や強心剤の投与など、獣医さんに言われるまま必死でやっていましたが、
もう治らないのならそれを受け入れ、いつも通りの穏やかな暮らしが送れるようにしてやれば良かった。
その方が最期も苦しまなかったのではないかと、ずっと後悔しています。

逝くタイミングもあって、いつも看取りは本当に難しいです。
でも、そこにあるのはただ「愛」だけ。
愛しているからこその後悔や悲しみを、きっと犬たちは判ってくれると思います。
暑さに負けず、ソーラもアイセも頑張ってねー!
  1. 2014/07/22(火) 12:45:08 |
  2. URL |
  3. クリスティー #tf3mD4xg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1016-d8e59ba7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する