ワルテルと天使たちと小説家

ふたつの顔



 草津のモイラ家のえめ姉さんがアイセを絶賛である。

 甘え方ちょうどいい。距離感が絶妙!!

 それを聞いて、父ちゃんは首を傾げる。

 距離感が絶妙?

 我が家におけるアイセは距離感ゼロの男である。
 甘える時は身体をみっちり押しつけてくるし、四六時中甘えている。
 散歩から戻って身体や足を拭き拭きする時も父ちゃんは母ちゃんに身体を押しつけるようにして座って
「近すぎて拭き拭きできないだろう!」と叱られる始末だ。それも毎度。

 距離感が絶妙?
 ふーんw


15_0602_4.jpeg

 ワンコはふたつの顔を持っている。

 自分の群れの中にいる時の顔と、そうじゃない時の顔だ。

 ワルテルもソーラも、父ちゃんや母ちゃんと一緒にいる時と、犬舎でお預かりの時の顔が違った。行動さえ違ったもんだ。

 アイセもそうなんだろう。
 群れの中じゃ距離感ゼロの男が、よその群れのところへ行くと絶妙な距離感の男に変貌するのだ。

 父ちゃんが迎えに行った瞬間、絶妙な距離感の男は、距離感ゼロの男に戻る。瞬時に。

 父ちゃんも母ちゃんも、ワルテルとソーラが犬舎で見せる別の顔を見られなかった。
 だって、父ちゃんと母ちゃんが迎えに行った瞬間、いつもの表情に戻るのだ。
 きっと、アイセの絶妙な距離感ってやつも、父ちゃんと母ちゃんは体験することができないのだ。
 こっそり見てみたいと思い、チャレンジしてみたこともあるのだが、やつらの鋭敏な感覚を騙すことはできないのよねえ。

 ま、いいさ。
 父ちゃんも母ちゃんも苦笑しつつ、距離感ゼロのアイセが好きだ。
 よその家でお預かりになって、絶妙な距離感の男になって、その家の人たちに愛されるなら願ってもない。


 さて、マイテはまだ子供なのでどこへ行っても同じだ。
 成長するにつれてもうひとつの顔を持つようになるんだろう。
 マイテはどんな顔を持つようになるのかな。



15_0602_5.jpeg


  1. 2015/06/05(金) 09:21:49|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5
<<五月晴れ(苦笑) | ホーム | ぱっつんぱっつん>>

コメント

ワン子は、相手の気持ちや感覚を瞬時に察知すると思います。
こちらがwelcomeの状態だと遠慮無しに嬉しさ隠せない体でぶつかってきます。
こちらが「ちょっと待って!今ダメ!」の気持ちがあると
ちゃんと遠慮して我慢します。
そういう事でもあるのではないでしょうか?
ワン子が大好きな理由のひとつでもあります。
  1. 2015/06/05(金) 10:54:25 |
  2. URL |
  3. EBONYママ #-
  4. [ 編集 ]

ワンコも内面と外面ありますよね。
身体全体でこちらに伝える感情はときに胸に響きます。

マイテちゃんの成長でじゃれ合いの迫力増して、2枚目写真のアイセ君がKISSのジーン・シモンズに見えちゃいました!
  1. 2015/06/05(金) 11:38:50 |
  2. URL |
  3. まめまき #-
  4. [ 編集 ]

よそゆきの顔

わんこのように社会性の高い動物には、人間のようなよそゆきの顔があるんですね。
で、素の自分に戻れる場所、自分本来の居場所が「馳家」なんでしょうね。
  1. 2015/06/05(金) 18:44:03 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

マイテのあくび!かわいすぎ!

アイセ~!!
距離感ゼロ!!かわいいですね~!

マイテはどんな顔を持つのか楽しみです!

  1. 2015/06/05(金) 19:09:02 |
  2. URL |
  3. さとりん #qUMnaME2
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/06/06(土) 12:25:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1240-3c7d78bd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する