ワルテルと天使たちと小説家

諦めたら負け



 マイテが鹿の糞を食っていた。

「ノー!!」

 声を荒げたら、マイテは走って逃げ去り、別のところに落ちていた鹿の糞をまた食べた。
 父ちゃんの方をちらっと見、父ちゃんが怒っていると知ると、また走って逃げた。

 父ちゃんはマイテを追いかけた。

 追いかけっこは当然、人間はワンコにはかなわない。
 それでも父ちゃんは追いかけた。追いかけ続けた。


15_0604_13.jpeg

 汗が流れ、息が切れる。
 それでもとにかく追いかける。絶対に逃がさないという気迫をこめて。

 やがて、マイテが立ち止まった。頭を低くして、ごめんなさいのポーズ。
 もちろん、それぐらいでゆるしてやったりはしない。

 徹底的に絞り上げてやる。
 久しぶりに叱ったなあ。

 鹿の糞を食べたことではなく、父ちゃんの「ステイ」のコマンドを無視したことを叱ったのだ。
 鹿の糞はその後。



15_0604_15.jpeg

 散々叱られたあと、マイテはとてもいい子に変貌した。
 鹿の糞がそばにあっても「これなに? わたし知らないもん!」という態度。
 リードがなくても、父ちゃんが呼べば戻ってくる。


 諦めたら負けなのだ。
 決してゆるさず、諦めず、叱りきる。

 こうしてパピーはボスの力と権威を知り、ボスに従うようになる。
 怒鳴ったりぶったりする必要はない(まあ、父ちゃんは短気なのでよく怒鳴るけれど・苦笑)。
 諦めないことが肝要なのだ。



15_0604_6.jpeg


  1. 2015/06/10(水) 08:24:21|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<Let's dance! | ホーム | お疲れ父ちゃん>>

コメント

そうですね!私も肝に銘じます!!
うちの子は音響シャイで散歩中に雷や花火の音が聞こえた時
怯え逃げようと必死になります。
自分の方が力が強いことを知っている為
何を言ってもダメで、因みに私の時だけスパイクカラーです(恥)
それでリードの長さを少し長くした結果
なんとかの原理なのか?抑えられるようになり
よって自信がつき「何が何でも放さないぞ」の気持ちが伝わってか?
逃げようとすることが無くなりました。
全て諦めないこと、私の場合はプラス自信を持つことでした。






  1. 2015/06/10(水) 09:34:09 |
  2. URL |
  3. EBONYママ #-
  4. [ 編集 ]

やっぱり大型犬を飼う時は特にそういう気構えが必要なのだなと改めて感じました。妥協せず叱りきるというのは、人にとってもしんどい作業だと思いますが結局はそれが犬の幸せに繋がるんですものね。
  1. 2015/06/10(水) 09:55:25 |
  2. URL |
  3. tori #-
  4. [ 編集 ]

一歩また成長

こういう段階を経て犬と飼い主の関係性ができあがっていくんですね。
馳さんの負けないという気迫にこちらも押されました。
  1. 2015/06/10(水) 10:44:09 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

まさしく!

馳先生は私の師匠ですからね。
いつかまた、わんこを迎え入れる日が来ることを信じて、勉強させていただきます。
  1. 2015/06/10(水) 14:23:06 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

諦めたら…は、舐められたら…と同じかなあ。
マイテ偉いなぁ(憧
  1. 2015/06/10(水) 21:03:34 |
  2. URL |
  3. あちゃぴん #-
  4. [ 編集 ]

人間の子育てと同じ様ですね。
親(飼い主)の真剣味と深い愛情。
本気で叱るのは重労働…諦めたら楽…だし。楽して適当は、テキト〜を作ってしまいますよね。よし!!がんばろう、頑張ります!
  1. 2015/06/12(金) 08:43:33 |
  2. URL |
  3. 札幌Ayumi #WZ6XXtSk
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1244-830fa453
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する