ワルテルと天使たちと小説家

犬の力



 今月一日から、母ちゃんは東京の実家に帰っていた。

 母ちゃんの父ちゃんの容態が悪化したのだ。

 母ちゃんの父ちゃんは三ヶ月ほど前、腸閉塞で入院し、腸閉塞が治っても誤嚥性肺炎などで寝たきりになっていた。

 一ヶ月ほど前に退院し、自宅療養になっていたのだが……


15_1201_15.jpeg

 二日の早朝、母ちゃんの父ちゃんは他界した。

 ある程度の覚悟はしていたとはいえ、母ちゃんには辛いことだった。




15_1201_17.jpeg

 母ちゃんは昨日、軽井沢に戻ってきた。
 ぼろぼろだった。

 そんな母ちゃんに、アイセとマンマイはまとわりついた。




 大丈夫だよ、母ちゃん、ぼくたちがそばにいるから。

 母さん、泣かないでなんだもん、わたしがにこにこさせてあげるんだもん!


 まるで、そう言っているかのように。
 母ちゃんはアイセとマンマイを抱きしめ、しばらくしてからにっこり微笑んだ。

「ありがとう、アイセ、マイテ」


 犬の持つ癒しの力は凄い。
 父ちゃんが百万の言葉を費やすより、犬たちの存在の方が母ちゃんを癒すのだ。
 純粋だから。

 犬と暮らさない人たちが可哀想だ。
 犬と暮らしているのに犬とコミュニケーションの取れない人たちが哀れだ。

 犬の持つ力は本当に凄い。




15_1201_2.jpeg


  1. 2015/12/04(金) 08:57:51|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<日が短い! | ホーム | 赤浅間と月と遊ぶ犬>>

コメント

心からご冥福を祈ります。
私も 私の父も、2月に母が他界しましたが、それぞれの愛犬に 「前を向いて歩く」ことを教えられ 父は 引きづられるように 生きてます。

犬と暮らしてるのに、その魅力を最大限活かせないことは その人の不幸です
  1. 2015/12/04(金) 09:10:36 |
  2. URL |
  3. あちゃぴん #-
  4. [ 編集 ]

ご冥福を祈ります。
母ちゃん、どうか御自愛を。
  1. 2015/12/04(金) 09:42:11 |
  2. URL |
  3. chako #-
  4. [ 編集 ]

ご冥福お祈りします

父様のご冥福、心よりお祈りいたします。
人も動物も死は避けられないものとはわかっていても、
やはりその時になると辛いものですね。
母ちゃんの悲しみを理解したワンちゃんたちの力はすごい!
言葉がないからこそ通じあえる心と心!
犬の力はすごい、私もそう思います。
母ちゃん、どうぞ流れるだけ涙を流してください。

  1. 2015/12/04(金) 10:07:36 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

お辛いですね

お父さまのご冥福をお祈り致します

悲しいとき辛いときに特に犬の癒やしの力を感じますよね!
  1. 2015/12/04(金) 10:22:18 |
  2. URL |
  3. レオンばぁば #hJ0uz7VE
  4. [ 編集 ]

辛い時こそ

 ご冥福をお祈りします。
 3人で母ちゃんを支えて下さい。
 群れの力を 信じています。

 バニジャンのアイセのベビー達もついてます。
  1. 2015/12/04(金) 11:47:38 |
  2. URL |
  3. モコの母 #-
  4. [ 編集 ]

大変でしたね。
心よりお悔やみ申し上げます。

小さな子や犬の無邪気さがこんな時
ありがたいですね。

母ちゃん、お元気になってください。
お疲れが出ませんように。
  1. 2015/12/04(金) 12:49:09 |
  2. URL |
  3. Keiko #lbyErxvE
  4. [ 編集 ]

お悔やみ申し上げます

アイセとマイテは賢い子達ですから、母ちゃんの心を敏感に感じとっているんでしょうね。
奥様、悲しみは我慢しないでくださいね。
偉そうにすいません。
  1. 2015/12/04(金) 13:15:41 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

犬さんたちは、母ちゃんのお父様にも、いっぱいいっぱい可愛いがってもらったのでしょう。

うちの次女が、最後の写真のマンマイを見て「この後ろ姿、ヤバくな~い!かわいんだけど」
と申しておりました。
  1. 2015/12/04(金) 15:06:51 |
  2. URL |
  3. ジーク&アロア #-
  4. [ 編集 ]

頷いてます

ウズラパパが急死したのは2007年でした。
アイス1歳3ヵ月、フェイス5歳6ヵ月の時でした。
葬儀が終わって帰宅したら初めてヒャンと遠慮がちに泣きました。
それまでは階段の上がり降りも音を立てず、親族は犬がいること気づきませんでした。
それからずっと、ウズラママは泣いてばかり。ウズラが泣けなくなるほどでした。
犬達はずっとウズラママのそばにいました。
母はいまだにアイス&フェイスとニセコのマロンに感謝していますよ。

お身体ご自愛下さい。
  1. 2015/12/04(金) 16:41:25 |
  2. URL |
  3. ウズラ #xRm5KYIo
  4. [ 編集 ]

ご冥福をお祈りいたします。

 母さん、お辛いですね。

 アイセ君とマイマイちゃんに、救われますね。
私も気持ちの持ちようがない時は、ジージとずーっと一緒にいます。本当によくわかってくれます。

どうぞ、御身体を大切になさってくださいませ。

  1. 2015/12/04(金) 21:39:51 |
  2. URL |
  3. ジージばば #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/12/05(土) 03:58:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

犬薬

お悔やみ申し上げます。
いつかは先に見送るものなのだと頭ではわかっていても、覚悟はしていても、悲しみは湧いてくるんですよね。
よく「時間という薬だけが癒してくれる」といいますが、ただそばにいてくれる純粋な存在もまた、その悲しみを和らげてくれる薬なのでしょう。
もちろん父ちゃんも、母ちゃんの大切なお薬ですよね。
どうぞご家族みなさま心合わせて、母ちゃんをお支えください。
  1. 2015/12/05(土) 19:11:03 |
  2. URL |
  3. ひつじ #-
  4. [ 編集 ]

ご自愛下さい

ご冥福を心よりお祈り申し上げます。

お辛いですね。
馳さん、アイセとマンマイがいてくれて本当に
よかったと思います。

私も犬に心を救われ助けられたこと
沢山あります。
犬の力すごいです。
  1. 2015/12/07(月) 13:14:39 |
  2. URL |
  3. さとりん #qUMnaME2
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1369-fe597132
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する