ワルテルと天使たちと小説家

残雪の八ヶ岳



 八ヶ岳は標高1700メートルを超えた辺りから雪に覆われていた。
 気温が高いために半ば溶けはじめ、表面がずるずる滑る難儀な雪だ。

 登山ブーツにアイゼンを装着し、ピッケルを片手に、歩きにくい登山道を慎重に登っていく。

 初日は山腹にある赤岳鉱泉という山小屋まで。
 ここで一泊して、明朝早くから、八ヶ岳最高峰の赤岳を目指して登っていく。


17_0426_4.jpeg

 夜半から明け方にかけては氷点下まで気温が下がる。
 そのため山小屋を出発した時には雪も締まっていて歩きやすかった。
 しかし、太陽が高度を上げるとともにまた気温もあがっていく。

 下りのことを考えると、なるべく速く登って下りてきたいところだ。
 だが、雪に覆われた勾配は、体感的には垂直の壁だ。

 アイゼンの爪とピッケルを雪に突き刺して登っていくのだが、しんどい。
 息が上がる。
 頭上の太陽と、雪による輻射熱で一桁台の気温なのに、暑い。
 汗まみれになって雪の壁を登っていく。

 途中、さらなる急勾配に設置された階段があった。高所恐怖症の父ちゃんには夏場でも怖い階段なのだが、それが雪と
氷に覆われている。足を置く場所に気を使わなければ、アイゼンも利かずにつるっと滑って真っ逆さまだ。
 なんとか登ったが、下りはこの百倍怖いに違いない。

「こなきゃよかったかな」

 一瞬、後悔が頭をよぎった。




17_0426_5.jpeg

 樹林帯を抜けると、その先は雪と氷に覆われた岩稜だ。
 雪の積もった場所と、雪が溶けて岩が顔を出した場所が混在し、アイゼンを装着したままの足もとが覚束ない。

 なおかつ、痩せた尾根に積もった雪が、左右にすぱっと切れ落ちてナイフの刃のようになってしまった「ナイフリッジ」を渡らなけ
ればならない。

 補助の鎖は設置されているが、足を滑らせたら数百メートル下に落ちていく。
 怖い、怖い、怖い。
 でも、ここを渡らねば先には進めないのだ。

 怖さを理性で抑えこみ、なんとかナイフリッジを渡ると、その先はもう稜線だ。
 八ヶ岳ブルーと呼ばれる青空と赤岳、そして、その奥には雲海に浮かぶ富士山。

 ああ、怖い思いを押して登ってきた者へのご褒美だ。

 
 予想外に気温が高くなっているため、赤岳は諦めてここで下山するとリーダーが決断した。
 男4人で登っていたのだが、そのうちふたりはあまりこうした雪山登山に慣れていないからだ。


17_0426_8.jpeg

 雪が緩み、下りは登りの百倍、きつく、怖かった。
 階段はピッケルもアイゼンもほとんど利かず、手すりにしがみつきながら下りた。

 雪が緩んだ垂直の壁のような勾配はアイゼンの爪を突き立ててもずるずると滑る。
 気を緩められる場所などどこにもない。

 結局、下山したのは午後二時半。七時間、雪と格闘し続けたことになる。

 ほんとにしんどかった。
 翌日からは、こんなに酷いことはまずないというぐらいの筋肉痛が三日続いた。
 危険で怖くて、いつもより足に力が入っていたのだなあ。

 それなのに、次はどこの山に登ろうかと考えて胸を躍らせている。

 自分がそうなる前からわかっていた。
 山男はイカれている。


17_0426_12.jpeg


  1. 2017/04/29(土) 14:08:57|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7
<<拍子抜け? | ホーム | 朝陽を浴びて>>

コメント

富士山が美しい

お疲れさまです。
筋肉痛はシンドイですよね~

でも、こんな美しい富士山を見られるなんて!
まるで絵画のようです。
山登りがくせになるのも判るような気がします。
  1. 2017/04/29(土) 21:33:01 |
  2. URL |
  3. 横峰 #-
  4. [ 編集 ]

休日の更新、ありがとうございます!
雲海に浮かぶ富士山のなんと神々しいことかと感嘆しつつ、
……え?高所恐怖症??
読みながら戦慄してしまいました。
次回の登山では雪はもうありませんように…。
  1. 2017/04/29(土) 23:02:25 |
  2. URL |
  3. chako #-
  4. [ 編集 ]

なるほど納得

山男に惚れてはいけない理由がわかりました。
冗談はさておき、山の神々しさは「人智を越えたもの」が居ても不思議ではないと思ってしまいます。
  1. 2017/04/30(日) 09:24:22 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

リーダーの決断てすごいですね。
くさった雪は大変そう。
ご無事に帰ってこられてきれいな富士山見せてもらってうれしいです
  1. 2017/04/30(日) 10:12:27 |
  2. URL |
  3. cloud-9 #07WvlyoY
  4. [ 編集 ]

お疲れさまでした!

読んでいるだけでも
背筋がぞくぞくしてきました。
無事のご帰還、なによりです。
また次があるんですね(^^)
前回のアイセくんのキス、すてきでした!!
  1. 2017/04/30(日) 10:51:37 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

雪山登山、こわこわなんですね(・_・;
おかげで綺麗な富士山見ることができました♪
筋肉痛早く良くなりますように^ - ^
  1. 2017/04/30(日) 10:51:55 |
  2. URL |
  3. レオンばあば #DnhE2nBI
  4. [ 編集 ]

高所恐怖症ですか~!

ワクワクして読ませて頂きました~!
すごいです‼大迫力でした!

雪崩の危険のある季節だし
リーダーの決断は勇気ですね!




  1. 2017/05/01(月) 13:48:23 |
  2. URL |
  3. さとりん #pDP1I/sE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/1708-a0c5d628
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する