ワルテルと天使たちと小説家

涸沢カール #4 モルゲンロート

11_1007_5.jpg

 涸沢ヒュッテはとんでもない混雑だった。我々が案内されたのはカーテンの仕切りしかない狭い畳敷きのスペース。そこに
小さな布団が三組敷かれていた。我々は5人のパーティ。5人でこんな狭いところに寝ろというのか?
「飛び込みのお客様が来たら、もうひとりここに案内することになりますので」
 我々の驚愕をよそに、ヒュッテの従業員はそう言った。
 我々が帰ったあとの連休ど真ん中はさらに混雑して、このスペースに9人詰め込まれるらしい。嗚呼……

 食堂も大混雑でゆっくり晩飯を食べる暇もない。
 そしてまた、晩飯を食べ終わるとすることがなにもないのだ。この日も7時半に床についた。
 だれのものとも知れぬ鼾や寝言、歯ぎしりで寝つけず、寝返りを打つこともかなわず、悶々としながら眠りが訪れるのを待つ。
 やっと眠れたと思ってもすぐに目覚め、うつらうつらしながらまた目を閉じる。その繰り返しだ。

 結局、午前4時前に目が覚め、これ以上は眠れないと判断して煙草を吸うために外に出た。
 いつの間にか雪が降っていた。ヒュッテ周辺は2、3センチの積雪だ。
 東の空を見る。雲が多い。朝日、朝焼けを拝めるかどうかは微妙なところだった。

 それでも、部屋に戻ってカメラを取りだし、雪の降る中、寒さに震えながらその時を待った。
 辛い思いをしながらザックに三脚をくくりつけてきたのだが、三脚を立てられる場所には、カメラおやぢたちが前夜から自
分の三脚を置いて場所取りをしている。手持ちで取るしかない。なんのために三脚を持ってきたのか。泣きそうになりながらファインダーを覗いた。

 前穂高岳と涸沢岳の山肌が赤く染まりだしたのは午前5時半を過ぎたころだったろうか。

11_1007_1.jpg

 モルゲンロート。ドイツ語で朝日に輝く山肌という意味だ。
 淡い赤だった山肌が、徐々にオレンジ色に変化していく。
 普段は山肌全体が染まるらしいのだが、この日は朝日が東の山々と雲にサンドイッチされていた。だから、帯状に染まっていく。

11_1007_3.jpg

11_1007_7.jpg

11_1007_8.jpg

 その美しさ、雄大さに息をのみ、霧中で写真を撮っていた。気がつけば、一般客は立ち入り禁止のはずのヘリポートの上にいた(苦笑)。
 東を仰ぎ見れば、朝焼けの中にカメラマンたちの姿がシルエットになって浮かび上がっている。

11_1007_4.jpg

 昼間の紅葉も素晴らしいが、これを見るため=撮るためにここまでやって来たのだと言っても過言ではない。
 これだけ天候に恵まれたのはやはり、日頃の行いのおかげなのだろうなー。

11_1007_10.jpg

 撮り続けているうちに、オレンジ色はだんだん淡くなり、やがて消えた。
 団体ツアーで来ていた人たちは、朝食の時間を決められていてこの景色を見られなかったはずだ。なんとももったいない。

 モルゲンロートが終わると、魂を抜かれたような気分になった。
 朝食を食べ終えると荷造りをはじめた。カメラもザックにしまい込む。昨日の紅葉と今朝のモルゲンロートに勝る被写体に
出くわすとは思えない。もう、カメラもお役ご免だ。

 下りは一気。途中、昼食や休憩を挟みながら上高地まで降りていく。
 バスターミナルに到着したのは2時45分。

 ワルテルとソーラに会いたくてしょうがなかった。



*通常の更新はこの下にあります。






  1. 2011/10/12(水) 11:07:25|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
<<せつなくて…… | ホーム | 軽井沢だって!>>

コメント

え? え? え?
涸沢カール、これでおしまいなんすか!!!?

もっとー!! もっと、見せてくださいーっ!!!!
もっと続けてくださいー!!!


お願いします。m(_)m
  1. 2011/10/12(水) 11:16:49 |
  2. URL |
  3. こーすけ #UvSQHAFg
  4. [ 編集 ]

モルゲンロート!

うわぁ~!
これがモルゲンロートなんですね!!
言葉にできないです!

山小屋に宿泊は大変そうですね。
でも宿泊しないと山を登れないし。

それにしても感動です!
  1. 2011/10/12(水) 11:33:05 |
  2. URL |
  3. さとりん #Qvhj6iC6
  4. [ 編集 ]

素晴らしいです!

ここ数日間、素晴らしい、本当の自然の紅葉を
拝ませていただき、ありがとうございました。

そしてモルゲンロート!
言葉も初めて聞きましたが、この地球上に
このような神秘的な光景が存在するのですね?!

実際に見ることは無理なので、写真で堪能させて
いただきました。

これからも、自然の美しさをおすそ分けして下さい。
  1. 2011/10/12(水) 13:41:29 |
  2. URL |
  3. chabo #-
  4. [ 編集 ]

そういう意味だったのですか・・・

モルゲンロート  幼稚園か小学校一年生の頃、歌った歌にありました。
もちろん意味など知らず覚えました。
そんな歌のことさえ忘れていました。
今 蘇った  「モルゲンロート」の部分のメロディですv-237
美しいですね。
  1. 2011/10/12(水) 13:55:51 |
  2. URL |
  3. グランのおかーさん #v6O6VgHs
  4. [ 編集 ]

…ただ感動。

気づけば、
口開けてお写真見てました…。苦笑 
  1. 2011/10/12(水) 20:31:48 |
  2. URL |
  3. Saa。 #-
  4. [ 編集 ]

う~~ ・・・・・ただただ美しい、自然からの
素敵な最高の贈りもの・・・。
こうすけ さんがもっと・もっと 見せて・・・
と仰られてるけど、後は馳さんの脳裏に
焼き付いた美しさをかみしめる時間でも
ありますね・・・・・。
  1. 2011/10/12(水) 22:45:33 |
  2. URL |
  3. シンシア #tiVURSHc
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/305-146c04bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する