ワルテルと天使たちと小説家

晴れ男



 木曜日から土曜日にかけて、犬舎のある浜松と伊豆へ行ってきた。
 久々に海辺の写真が撮れると意気込んでいたのだが、事前の天気予報では三日とも空はぐずつくとなっていた。

 なんだとがっかりしながら出発。
 しかし、木曜は終日雨だったが、金曜の朝から綺麗に晴れた。

 そういえば、ワルテルは晴れ男だったんだよな。
 父ちゃんのためにその力を発揮してくれてるのかな。

12_1020_4.jpg

 金曜の夜は飲み過ぎて、土曜の朝はちょっと寝坊。
 慌てて母ちゃんとソーラを叩き起こし、海岸に向かった。

 寝坊したせいで写真には間に合わなかったけれど、車窓から大きくてまん丸で真っ赤な朝日を拝むことができた。本当に綺麗な朝日が、水平線から顔を出し、昇っていく。

 海岸に着くと、そこには目に痛いほど鮮やかな朝焼けが。
 そうそう。こういうのを撮りたかったのだ。

12_1020_12.jpg

 ソーラをモデルに写真を撮っていると、なんと天使の梯子まで現れた。

 ファインダーを覗く目が潤んでいく。

12_1020_13.jpg

 見ろよ、ソーラ。
 あの天使の梯子からワルテルが降りてくるみたいじゃないか。

 そこから先は涙でファインダーがよく見えなかった。

 いつになったら涙は涸れるのだろう。

 それにしても、神様だかだれだか知らないが、憎い演出をしてくれる。
 運転はとても疲れたが、充実した小旅行だった。





  1. 2012/10/23(火) 08:34:15|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:15
<<カレンダーについてのお詫び | ホーム | 犬、とは>>

コメント

泣きましょう

とても綺麗な朝焼けですね。 ホントにワルテル君が降りてくるような
いや 降りてきてくれたらどんなに嬉しいか。
でも最後の写真のソーラちゃんには、ワルテル君が見えているのではないかと、思わせる写真ですね。

父さん泣きましょう.さみしい気持ちはなかなか抜ける事ではありません。
思い出もまた時には苦しいものにもなります。
でも、隣にはソーラちゃんが笑ってくれてます。 
父さんにもソーラちゃんにもお互いしかいません。
空には、ワルテル君とマージが見守っています。 
父さんファイト。
  1. 2012/10/23(火) 09:31:50 |
  2. URL |
  3. sakura-mama #-
  4. [ 編集 ]

犬を愛した人の宿命ですが・・・何年たっても
あのまなざしを思いだすと泣かない時はありません。

写真がソーラちゃんだけになってしまった

この二枚を見てると、胸がいっぱいになります。
写真がこれほど心を映すものだとは知りませんでした。

  1. 2012/10/23(火) 09:49:51 |
  2. URL |
  3. ブレンダ #-
  4. [ 編集 ]

油絵のようでもあり

教会のステンドグラスのようにも見えて。心に突き刺さるくらいの神々しさを感じました。
  1. 2012/10/23(火) 10:28:04 |
  2. URL |
  3. ベル #-
  4. [ 編集 ]

ワルテル君梯子をおりてきてますよ

ワルテル君は天使の梯子をおりて父ちゃんたちのことを見てたと思います。
流れる涙は流れるだけ流したらいいと思います。
1ヵ月、2ヵ月、3ヵ月と少しずつですが涸れていきます。
涸れるまで流してくださいね。

  1. 2012/10/23(火) 10:52:40 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

ソーラの笑顔へ

いやもう、毎日ソーラ君の笑顔を見ては、PCのこちらで涙目になっている、そして、父ちゃんの美しい山バック笑顔(それも超スリム)を見てさえも、また涙がわいてきている。
もちろん私はブログを拝見しているだけの者。
それだけ、日々の写真から伝わってくるるものははかることができぬほど、大きい。切ない。

だから、父ちゃんが涙するのはしかたない。

我慢なんかしてはいけません。泣かなきゃいけません。そのために、ソーラ君が笑顔で見つめてくれているのです。

ソーラ、笑顔ほんとうにありがとう。
  1. 2012/10/23(火) 11:20:18 |
  2. URL |
  3. 鬼平 #CTNS0MtI
  4. [ 編集 ]

いつになったら涙は涸れるのだろう・・・
本当にそう思います。
まっすぐにこちらを見つめる黒い瞳、
もっと撫でろと催促する手、
散歩中にすれ違う余所の子たちを見る度に、
これがあのこだったなら・・・と考えます。
泣き笑いしながら、思い出してやることが供養になるのでしょうか?
  1. 2012/10/23(火) 11:46:04 |
  2. URL |
  3. ナナちゃん #pqZf2BaQ
  4. [ 編集 ]

海辺のソーラ

綺麗ですね~~!!
きっと…
ワルテルが見せてくれた
美しい朝焼け。
ソーラはワルテルが見えていたのかも…。
涙…出ると思います。

神様…ワンコ達をもう少しだけでも長生きさせて
そう祈ってしまいます。
  1. 2012/10/23(火) 11:46:17 |
  2. URL |
  3. さとりん #Qvhj6iC6
  4. [ 編集 ]

すごい写真

ワルテル、ひさしぶり。

元気そうだね。
  1. 2012/10/23(火) 12:29:16 |
  2. URL |
  3. keipower #-
  4. [ 編集 ]

良かったねー。天使の梯子からワルテル降りて来て!
父ちゃんに感謝の気持ちを伝えにきたんじゃないかな?
  1. 2012/10/23(火) 14:45:00 |
  2. URL |
  3. あちゃぴん #TY.N/4k.
  4. [ 編集 ]

ほんとに天使の梯子が…きっとワルテル君、
降りてきてくれましたね!

父さん…大好きなんですもの、涙が出るのは
当たり前ですよ。私は何年たっても、泣いて
います。飼い主さんの涙で、お空の動物達は
喉を潤すそうですよ。だから、我慢しないで
いっぱい泣きましょう。

夢のように美しいお写真、有難うございます。
  1. 2012/10/23(火) 17:58:57 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

天国の梯子

ワルテル、虹の橋のたもとでの暮らしに慣れたかな。
マージがついてるから大丈夫だよね。
時々、こちらの世界を覗きにおいで。
  1. 2012/10/23(火) 18:05:23 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

ワルテルが「僕は皆のそばで見守ってるよ」と訴えているみたいですね。ワルテルを想う涙は続くかもしれません。でもいつか涙を流しながらも笑える日が来ますよ。だってワルテルと過ごした日々は、楽しい思い出の方が遥かに多いのですから。
  1. 2012/10/23(火) 22:10:41 |
  2. URL |
  3. ともひろ #-
  4. [ 編集 ]

ソーラ、笑ってますね。
天使の梯子、美しいです^^
とうちゃん、かあちゃん、たくさん泣いてくださいね。
こんなとき、やはり時間だけがたよりです。

私は大事な存在が亡くなった時、思い出す限りのいろんな思い出を書き留めて手紙にしました。
忘れたくないから。誰にも見せないけど。

きっととうちゃんも書いていますね。
  1. 2012/10/23(火) 22:17:21 |
  2. URL |
  3. こうたったん #1Nt04ABk
  4. [ 編集 ]

ああ、かわいい

素敵な笑顔のソーラちゃん。
今日も、そこにいてくれてありがとう。
父さんと母さんに笑顔をありがとう。
私たちにもおすそ分けをありがとう。

こちらも笑顔になります
浜松楽しかったよね

ワルテルくん、久しぶり!
マージちゃんと浜松まで追いかけてくれたのかな。
父ちゃんを起こしたんだよね、僕を見にきてよって。
こんなに神々しいかたちで、また会えるとは。
スケールが大きくなってびっくりしたよ。

虹の世界でガールハントの合間に
また気が向いたら
顔を見せてね
  1. 2012/10/23(火) 22:17:23 |
  2. URL |
  3. ぴんちママ #-
  4. [ 編集 ]

いつも心にしみる文章と写真ありがとうございます。
  1. 2012/10/25(木) 01:22:59 |
  2. URL |
  3. fetishhair #/.OuxNPQ
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/569-92288605
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する