ワルテルと天使たちと小説家

冬浅間



 先週のとある晴れた日。
 久々に浅間山に登ってきた。

 いつものコースではなく、今回は北東方面からのアプローチ。
 トレースはなく、新雪を踏みしめて樹林帯を行く。

13_0225_10.jpg

 気温はマイナス10度ぐらいだったが、冬装備で風のない樹林帯を登ると、身体が火照る。
 汗で下着やウェアが重く感じるほどだ。

13_0225_13.jpg

 しかし、樹林帯を抜けた途端、強風が吹きすさぶ。風速15メートル超。
 風が吹きつけてくる右半身が一気に冷え、手袋をはめていても指先がかじかむほどだ。
 ときおり突風が吹くと、身体を持って行かれそうになる。その場に立ち止まり、踏ん張って風が弱まるのを待つほかない。

 眼下に見えるのは小浅間山だ。

13_0225_14.jpg

 風の中をしばらく登り続けたが、ある地点で、師匠が「帰るぞ」と踵を返した。
 これ以上は危険と判断したのだ。

13_0225_15.jpg

 きつい登山だっがた、景色は最高だった。
 新緑の山も、紅葉の山も、雪景色の山にはかなわない。

 また来週、リベンジする予定だ。
  1. 2013/03/02(土) 09:34:50|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<I rescued a human today | ホーム | 2013年度の№1?>>

コメント

壮大で美しいお写真、今日も有難うございます。
父さんの記事を読んでいると、本当に自然の
パワーの凄さを感じます。登山では、引き返す
勇気がとても大切と言いますが、その通りですね。
次回のレポート、楽しみにしています。
  1. 2013/03/02(土) 15:13:42 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/03/02(土) 15:59:44 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

寒がりの私には信じられない、超寒そうな光景です。
でも、一瞬でも気が抜けない状況だからこそ、自分自身と向き合えるのかもしれないですね。
  1. 2013/03/03(日) 00:08:59 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

こんにちわ☆ 京都市街では無縁の雪景色…本当に綺麗で、日々あれこれとパソコンの待ち受けにしています(^^)。
しかし…『美ら海血の海』の作者(サングラス姿のお写真を含めて)だとは、およそ結び付かない“犬こよなくを愛し、自然をこよなく愛する父ちゃん”ですね(笑)。
ソーラちゃんの弟が降臨するのを楽しみにまっています(^^)/~~。
  1. 2013/03/03(日) 09:21:25 |
  2. URL |
  3. ジョイママ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/666-79d13164
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する