ワルテルと天使たちと小説家

優しい兄弟たち



 犬舎に行ったのは、ワルテルの同胎兄妹たちの誕生日を祝うためだった。

 この時点でソーラはヒートになっておらず、ソーラも一緒に帰ってくる予定だった(どうしてワルテルがいないのにソーラを犬舎に預けるのかという質問があったけど、交配のためです)。

 それはともかく、キャプテンの顔を撫でたら感無量になった。
 マズル周りの毛の質感がワルテルそっくりなのだ。
 まだワルテルの姿をありありと脳裏に思い浮かべることができる。写真もたくさん残してある。
 それでも、手でワルテルに触れる感触は永遠に失われてしまった。

 触れたい。抱きしめたい。
 時折、強くそう思い、喪失感に身動きが取れなくなることがある。

 キャプテンの顔を撫でると、その喪失感が癒される。

 この日、キャプテンとグランは珍しく、父ちゃんと母ちゃんにたくさん撫で撫でさせてくれた。

 キャプテンはワルテルに負けず劣らずのハイテンション犬で、あっちでうろうろ、こっちでうろうろ、ひとつところに落ち着いていることがないのでなかなか触らせてもらえなかった。

 グランは甘えん坊でいつもパパとママにべったり。他人なんか知ったこっちゃない。だから、グランも普段はあまり触れない。

 なのに、この日は「しかたないなあ。好きなだけぼくたちを触って、ワルテルのことたくさん思い出してやってよ」とでも言っているみたいに父ちゃんや母ちゃんのそばに来ては触らせてくれた。

 父ちゃんも母ちゃんも、二頭の優しさに感極まった日だった。

13_0413_2.jpg

 ワルテルの同胎兄妹たち。
 左からキャプテン、グラン、エステル。


13_0415_1.jpg

 アイセは昨日、ドッグラン・デビューを果たした。
 自分より小さいけど怖いおねいさんたちに果敢に近づいてはガウガウ叱られて退散していた。
 間違いなくワルテル並のエロエロ大魔王なので、そのうち叱られても意に介さなくなるんだろうなあ。

13_0415_2.jpg

 まだ2歳半なのでボールを追いかけて遊ぶ。
 バニなので追いかけるだけ。ボールを持って来てはくれないから、人間がボールを取りに行く(苦笑)。

 走り出すときに胸の白毛がわさっと膨らむのがワルテルに似ている。
 飾り毛が長い男の子に特有なんだよなあ。


  1. 2013/04/16(火) 09:01:34|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<アイセよ、おまえもかっ! | ホーム | New Face>>

コメント

「触りたい、抱きしめたい」、そうなんです。
思い出す事はできるけど、実際にはそれは
叶わない事…涙が急に襲ってきます。
とても良くわかります。
キャプテン、有難う、ほんとうに…。

アイセはこれからいっぱい勉強します。
ワルテル兄ちゃん、アドバイス、お願いね。
まずは、いっぱい遊んで、お友達つくろうね!
  1. 2013/04/16(火) 09:12:34 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

へこへこ大魔王になるの?

容姿だけではなく、似てるところがいっぱいなのかな?

新しい子が来ると、より強く、いろいろなことを思い出しますね。
同じ年齢の頃を思い出したり、比べるわけではないけど、重ね合わせたり、違いを感じたり・・・

3週間、犬なしで暮らしてたら、きっと、夫婦喧嘩勃発!
アイセ君、ソーラ姉さんのいない間に、いろんなことを覚えて、いっぱい甘えてね。
  1. 2013/04/16(火) 09:44:27 |
  2. URL |
  3. く~り #lu3YW49c
  4. [ 編集 ]

幸せがやってきましたね♪
これからも、群れの毎日を楽しみにしていますU^ェ^U
  1. 2013/04/16(火) 09:47:51 |
  2. URL |
  3. こうじみそ #ZcthanpU
  4. [ 編集 ]

ワルテル君の同胎兄妹、初めまして

やっぱり似てますね~~
似てる似てる!
記憶と写真は残っても触れない悲しさ。
これが喪失感をかきたてますね。
でも兄妹がいるって幸せなことですね。
そしてワルテル君の血を引く甥っ子君を家族の一員に迎えることができたなんて。
ワルテル君以上にわんぱくそうな顔つきをしてます。
これからが楽しみです。
天国のワルテル君、「あんまり悪さするなよ」って言ってるかな。
  1. 2013/04/16(火) 10:30:48 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

いつも愛情籠った写真に、癒されてます。
ありがとうございます。

ワルテル君の代わりはいないですけど、
新たな愛し子ができましたね☆
喪失感はいつまでたっても消えないもんですよね。
逝ってしまった子達のそれぞれのぬくもりは今でも覚えてます。
大型犬も小型犬も。
愛し子の頭を撫でたい、抱きしめたい、匂いをかぎたい、顔をうずめたい、ぬくもりを。。。
  1. 2013/04/16(火) 11:27:02 |
  2. URL |
  3. acocoa #-
  4. [ 編集 ]

父さん、母さんたくさん癒されてください。
ワルテル君を思い出しながら……、そして。
新しい思い出をたくさん作ってください。

マージねえさん、ワルテルくん、ソーラちゃん、
そしてアイセくん。

父さんと母さんをとりこにする
バーニーズマウンテンドッグという
犬の魅力を私も感じてみたい。などと
思ってはみますが存分に走らせてあげられない
環境に暮らしているうちは到底無理な話です。

残念ですが、その分も
こちらで楽しませて頂きますので
これからもよろしくお願いいたします。
  1. 2013/04/16(火) 11:46:34 |
  2. URL |
  3. たろお #luqF8lUM
  4. [ 編集 ]

ワルテルに似てるようで似ていない……。
微妙な違いに各々の個性を感じるんですよね。
それにしても、アイセくん、エロエロ大魔王って、あなた……(笑)。
  1. 2013/04/16(火) 13:02:10 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

走る姿が まるでワルちゃんのようだな~。
とーさん ソーラちゃんの遺伝子を残す想いが強くなったのですね。
いやいや!あんまりそのことにふれるとだめね。
  1. 2013/04/16(火) 13:09:23 |
  2. URL |
  3. おーじろう #-
  4. [ 編集 ]

感無量

富士丸の父ちゃんもいってました…
も一度触れたい 苦しくなります。

兄弟の気遣い 心憎い
みんなゲンキでワルテル似のおじいさん・おばあさんになって下さい。

アイセ君、とにかくゲンキでガンバレー
今から エロエロって
  1. 2013/04/16(火) 13:12:16 |
  2. URL |
  3. Keiko #lbyErxvE
  4. [ 編集 ]

きっと、わかっていたんですね。
エステル母さんも、可愛い息子をありがとう。

(昨日はゴルゴちゃんとコメントしてしまってごめんなさい。デューク君になっていたのですね)
アイトール君とアイスちゃんと、色んな想いとお揃いの「愛」が詰まったアイセ君。
と、勝手に想像していますがいかがでしょう?(笑)

  1. 2013/04/16(火) 14:28:14 |
  2. URL |
  3. くる #-
  4. [ 編集 ]

ワルテルの同胎兄妹だから面影が
写真からも伝わってきます。
エステルは女の子だから毛質は違うんですか?

ソーラ姉さんが帰ってきたらアイセ君に
群れの掟を更に教育する事でしょう。
  1. 2013/04/16(火) 15:02:58 |
  2. URL |
  3. フィーブィー #-
  4. [ 編集 ]

意外なことに

両親よりも
叔父と甥、叔母と姪って似てるんですよ(笑)

  1. 2013/04/16(火) 16:13:01 |
  2. URL |
  3. ムックババ #-
  4. [ 編集 ]

何てかわいいの!

キャプテン!グラン!エステル!
かわいいですね!!いいお顔です!

アイセ坊や~♪
ボールを追いかけろ~~♪
かわいいよ!!
  1. 2013/04/18(木) 07:24:10 |
  2. URL |
  3. さとりん #Qvhj6iC6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/698-91fa7089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する