ワルテルと天使たちと小説家

久々に写真講座



 ある方から逆光時の撮影について質問があったので、久々の写真講座。
 通常の更新はこの下にあります。

 結論から言えば、フィルターを使っています。
 NDと呼ばれる減光フィルターがあるのですが、その中に「ハーフND」というものがあります。
 フィルターの半分がND、他の半分は光をそのまま透過させます。
 父ちゃんは、コンすけに「2/3ND」というものを作らせて、それを使っています。

 もちろん、そのフィルターを使っても、逆光の朝日の中で写真を撮ると、アイセが写っている部分は暗くなります。
 ので、RAWファイルで撮影して、パソコン上で修正するのです。
 父ちゃんが使うソフトはLightroom。これの補正ブラシというツールを使って暗部を持ち上げます。
 暗部が潰れていると、現像ソフトで無理矢理持ち上げても画質が著しく劣化します。その劣化を防ぐために2/3NDを使うのだと理解してください。

 以前のカメラでは、フィルタではなくストロボを使っていました。
 が、今のカメラでストロボを使うのはレスポンス的に非常に厳しいのです。しかし、その分画質がはるかにいいので、PC上での作業に楽々と応えてくれます。
 前のカメラだと、暗部を持ち上げるとノイズだらけになってとても人様に見せられるような仕上がりにはなりませんでした。

 繰り返し現像作業を行うことで、自分のカメラの画質耐性というものがわかってくると思います。
 これ以上暗いと画質が劣化する、ここまでならだいじょうぶ……

 そこを見極めて露出調整します。
 父ちゃんは撮るときにはあまり考えていません。身体に染みついているので、指先が勝手に露出調整を行うのです。頭は構図と、アイセを捉えるタイミングを掴むことのみに集中させます。

 これで疑問は解消されたでしょうか?


  1. 2013/05/06(月) 10:49:11|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<あまえんぼ | ホーム | お花見♪>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/06(月) 18:08:10 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

補足(Photoshopを使われてる方へ)

・Rawで撮影した場合

ファイル→Brigeで参照→補正したい写真をクリック
右欄にある[白とび軽減]と[補助光効果]を使って下さい。
両方を使うとコントラストが弱くなり過ぎる事もあるので、
[黒レベル]も操作してみて下さい。

・jpegで撮影した場合

ファイル→Brigeで参照→補正したい写真を選ぶ→
ファイル→Camera Rawで開く→あとはRawの場合と同じです。
但し、出来ればRawで撮って下さい。

馳さんの説明と同じく、やり過ぎると画像が劣化しますので、
お気をつけ下さい。
  1. 2013/05/06(月) 22:19:35 |
  2. URL |
  3. サラパパ #UqRRy/dA
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/05/06(月) 22:21:51 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

ふむふむ。。。( ..)φメモメモ・・・しても






ちんぷんかんぷん也~(笑)
 
  1. 2013/05/07(火) 17:52:28 |
  2. URL |
  3. 銀風 #mWt2sFS6
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/712-b584d7b4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する