ワルテルと天使たちと小説家

北アルプス縦走 燕岳~常念岳 1



 きついぞ、とはもちろん言われていた。
 普段登っている浅間山、黒斑山、その中でもかなりきつい急勾配、階段、岩場、それが延々と続くのだと言われていたのだ。

 中房温泉にある登山道入口から、合戦尾根と呼ばれる登山道を延々と登る。
 森の中は暑く、登山をはじめて十分も経たないうちに身体は汗まみれだ。登山道の6、7割が段差の違う階段になっている。筋肉に乳酸が溜まる中、ただひたすら登る。

 そのうち、内股の筋肉が痙攣しはじめた。気をつけなければ肉離れを起こす。
 こんなんで、本当に登れるのかな? そう思いはじめたころ、山の向こうに槍ヶ岳が見えた。

 ガス欠寸前だった身体にエネルギーが注入されていくのを感じる。
 たかが槍の先端が見えただけなのに……苦笑しながら登り続ける。

 登山開始から5時間半後、やっとこの日の目的地、燕山荘に辿り着いた……

DSCF9075-Edit.jpg

 燕山荘でしばし休憩、荷物を部屋に置いた後、燕岳に登る。北アルプスの初登頂だ。素直に嬉しい。

DSCF1933-Edit.jpg

 翌朝、午前5時前に山荘の外に出る。他の登山客もご来光を拝むために続々と姿を現す。
 東は朝焼け、西は満月。
 なんて贅沢な朝景だろう。

DSCF1950-Edit.jpg


DSCF9102-Edit.jpg


DSCF9124-Edit.jpg

DSCF9144-Edit.jpg

 ご来光は浅間山の真上にあがった。
 普段世話になっている浅間の神々しい姿に感動する。

 本当に北アルプスにいるのだ。
 ここまで来られたのは、おまえに鍛えてもらったおかげだ。
 ありがとう、浅間山。


 午前6時過ぎに朝食を食べ、パッキングを終えたら出発だ。
 この日は、常念岳の麓にある常念小屋を目指しての縦走である。

DSCF9148-Edit.jpg



 通常の更新はこの下にあります。

  1. 2013/09/25(水) 10:18:34|
  2. 登山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<ふたりきり♪ | ホーム | 名前は名前>>

コメント

素晴らしいお写真、本当に有難うございます。
二度と登山できない体になった私には、正に
夢の様な絶景です。いつまでも見ていたいです。
  1. 2013/09/25(水) 12:23:11 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

初登頂おめでとうございます!

御来光、雲海、浅間のお山のシルエット……
美しさに、時間を忘れて見入りました。

(祝!山岳写真家デビュー!)
  1. 2013/09/25(水) 13:01:49 |
  2. URL |
  3. chako #-
  4. [ 編集 ]

 素晴らしい 素敵です。雄大です。 なんと表現したらいいのか。 別世界です。 
 過酷な挑戦を乗り越えた人だけの、世界なんですね。
  1. 2013/09/25(水) 17:47:46 |
  2. URL |
  3. ジージババ #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/811-de7a3b27
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する