ワルテルと天使たちと小説家

さらに続く

鹿や熊が増え過ぎたという理由で射殺。
鹿や熊が人間が住む近くに来たという理由で射殺。
一方、世界の人口は益々増えているのに、鹿や熊は何もできない。
人間が山を切り開き、鹿や熊の生息地を占領しても、鹿や熊は何もできない。
鹿や熊が人間を恐れなくなったのは、猟師が減ったせいだと言われる。
これって、完全に人間のエゴではないでしょうか?
私は、馳さんのブログの愛読者ですが、今回の熊に関する記事だけは、どうしても納得がいきません。

↑こういう鍵コメが来ました。

 ちょっと、田舎者と都会人のギャップを父ちゃんは忘れていたようですので、さらに補足です。

 まず熊に関して。
 父ちゃんは熊を撃ち殺せと言っているわけではないのです。猟師が頻繁に山に入り、鳥を撃つのでも猪を撃つのでもいいのですが、銃を撃ちます。
 それだけで野生動物は銃声と人間を結びつけ、人間に恐怖心を抱きます。
 すると、そばに人間がいると知れば、無闇矢鱈に姿を現さなくなります。

 人と鉢合わせして襲ったり、里に出てきた熊の多くは射殺されます。
 殺されるぐらいだったら、人と会わない方がいいじゃないですか。

 軽井沢にはピッキオという団体があって、彼らは人と遭遇した熊を保護し、檻の中に入れてから花火などで脅してから山に返します。
 人間は怖いのだ、近づいちゃいけないということを教えるためです。
 今さら人間が居住地をすてるわけもないのだから、これが現実的な最善の策です。
 ピッキオのような団体のないとことでは(ほとんどがそうですが)、熊は殺されます。

 続いて鹿ですが、都会の人は、鹿による被害とだけ書くと、どうも農作物が荒らされるぐらいだろうと思うようです。
 実体は違います。彼らは山の食物や木々を食い荒らし、生態系を破壊しています。
 このまま放置しておけば間違いなく日本の山林は破壊され尽くされます。

 もちろん、これも鹿が悪いのではなく人間が悪いのです。
 鹿が増えたのは猟師が減ったせいだけではありません。人間が鹿の天敵である狼を絶滅させたからです。

 過去を悔いても狼はこの国には復活しません。
 そして、鹿が爆発的に増え、山林を食い荒らしていくだけです。
 狼を絶滅させ、この国の生態系を狂わせた責任を取るという意味でも、人間が狼の代わりを務めなければいけないと思います。

 人間の勝手で増えて殺される。
 可哀想です。
 しかし、放っておくわけにもいかないのです。
 人間が現在の文明的な便利な生活を捨てて太古の昔の姿に変えるというなら話は違ってくると思いますが、それは無理なわけでしょう?

 野生動物を人間が殺すのはゆるせないけど、車も必要だしお洒落な服も着たいし美味しいものだって食べたいわけでしょう?

 それは両立しません。残念ですが。

 間違いなく、地球上で一番の害獣は人類ですよ。
 でも、だからといって集団自殺してこの星から消えてなくなることはできません。
 ならば、現実的観点に立って、できることを少しずつやっていくしかない。

 可哀想。悪いのは人間。その通り。
 でも、正論を唱えれば状況が好転するわけではありません。

 意見の違う人を説き伏せようと思っているわけではないので、誤解のないよう。
 父ちゃんはそう考えているというだけのことです。

 本当にちょっと検索してください。
 今、日本の山林がどれだけの危機的状況にあるのか、それだけでわかります。
 田舎の人間が知っていることを、都会の人はまったく知らない。無関心だからかな。

 植物という植物が鹿に食い荒らされて崩壊、崩落する山がいずれ出てくるでしょう。
 植物を食い荒らされたら他の動物も死ぬしかありません。鹿だって、すべてを食い尽くしたら、あとは餓死するだけです。

 人間が手を汚してでも責任を取るべきなのです。

 下の写真は浅間山の紅葉ですが、手を打たないと、こういう景色も日本から消滅します。




  1. 2013/10/26(土) 09:15:27|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:18
<<浅間山系紅葉・黄葉 2013 | ホーム | 熊の話の続き>>

コメント

昔は、と言っても昔を知っている年齢ではないですが、自然界にはいろんなルールみたいなものが暗黙にあって、植物も動物も人間もバランスを保っていた世界なのだと思います。
そこれそそれが自然で当たり前の世界で・・・

今の時代は便利が増えて、もちろんそれが本当の意味で「よかったこと」もなかにはあるとは思います。
でも、そこまでしなくてもと、人間だけのこと(もしくは自分の目先の利益優先)を考えて行ったことがあり過ぎるのが現状です。

今回の自然界のことは、そこれそ今の社会問題や環境問題、すべてにつながっていることだと思います。
原因は人間、それを改善できる(する)のも人間です。

地球という星を借りて、私たちは生きていると思っています。
だからこそ、キレイな状態に戻して未来にバトンを渡す、つなげなくてはいけないような気がします。

うまく言葉になりませんが、馳さんの気持ち、理解できます。




  1. 2013/10/26(土) 11:09:14 |
  2. URL |
  3. yukari #-
  4. [ 編集 ]

責任

そうだね…痛みを伴う責任をも果たさないとね人は。
根源はこっちにあるのだから。
肉も食べてるし、自分達のお腹に納めるだけの為に。
牛とか鳥とか豚とか…その為だけに育ててるし。
いい思いだけでなく苦い想いもひきうけないとなあ…うん。
  1. 2013/10/26(土) 12:02:50 |
  2. URL |
  3. お~じろう #-
  4. [ 編集 ]

狩人

私は先生の意見に共感します。
以前、テレビで北海道の釧路の狩人の話を見ました。その時、都会人の私は初めて狩人というスペシャリストがまだ活動し、生態系を守っているということを知りました。
昔は里山で暮らしてる人達が狩猟もすることで、熊が自分より強い存在「人間」がいることを知り、距離を保ちました。でも今は、狩猟が規制され、登山ブームで私達が観光程度にしか山に入らないため、熊は自分が生態系の頂点と思い、距離感を保てなくなってしまった。
人間が増えすぎたこと、私達が生き物の存在を脅かすことは理解しています。人口の増加・高齢化社会による里山の過疎化等問題はたくさんあります。でも昔は、里山で農家を営んでいた人が、畑を荒らされ生活できないなんて事態にはならなかった。それは狩人が生態系の一部として適切な狩猟ができたから。一生懸命作った作物が荒らされ、生活に直結する苦悩を、スーパーで買い物している私達に理解しがたい悲しみだと思います。そして逆に里山の動物達も増えすぎたことによる飢えでくるしみ、人里へ降りてくるのです。今専門家の方が生態系の調査・研究をし、保全活動をしています。行政には是非専門家の意見を尊重し、里山の生き物の数を把握し狩猟の規制範囲を慎重に検討してほしい。狩人の方が従来のように狩猟をし、銃声は人が発している音だと教えて、本来の警戒心を思い出させてあげて欲しい。縄文時代から人間はずっと狩猟をし、生態系の頂点にいたのだから、狩猟数が減れば生態系が崩れるのは当然のこと。今、北海道でもヒグマが人の近くに来るそうです。大事件にならないと良いなと祈ります。生き物が戦いを挑むこと、それは決死の覚悟によるもので、熊も戦いは望んでないのですから。都会に住む私達が出来ることは、まず情報を集め、自然と共に生きる里山に住む方の悩みに耳を傾ける事かなと思い、私は自分の出来ることをしようと思います。
  1. 2013/10/26(土) 12:05:57 |
  2. URL |
  3. クーピーママ #tHX44QXM
  4. [ 編集 ]

森のこと

ブログを始めたのは滋賀県のある森を守りたくてでした。
何かヒントはないかと手当たり次第検索していました。
その中でニセコの人と繋がり、行ってみたのが2005年の終わり。
その時ピッキオの活動も知りました。
最近、札幌の住宅街でも熊(ヒグマ)が出るようですが、以前は親熊が子熊に教えていたけれど今の親世代は人間との距離の取り方がわからず教えることができなくなっていると聞きました。
滋賀の森も鹿の被害が深刻でした。
駆除する時の雄雌の偏りに問題があったようです。
今北海道でもエゾシカが大変です。
北海道の人は山や森の重要性なんてあんまり考えることもなく、
当たり前にそこにあるもの的な感覚の人が少なくないので、複雑な気持ちになります。

長くなりましたが、誰に賛成反対ではなく、
何でも初めはきっかけなので、
知らなかったことを知るっていうのは
とてもステキなことだと思います。
具体的に動けない時は「想いを馳せる」だけでも大事なことだと思います。


  1. 2013/10/26(土) 13:14:33 |
  2. URL |
  3. ウズラ #PIpocw5A
  4. [ 編集 ]

鹿のこと

熊は千葉県では遭遇しませんが、鹿と猪・猿が大繁殖しています。鹿の仲間のキョンも台湾から人間が持ち込んだのですが、その会社の倒産と共に逃げ出して大繁殖です。
彼らが怖いのは、山での食物より簡単に手に入って美味しい農作物の味を、知ってしまったことです。
10年くらい前までは、鹿は山奥にいて里には出てきませんでした。最近では夜、とても身近に鹿の鳴き声を聞きます。
鹿は山ヒルを連れてきます。(暖かい地方だからかもしれませんが)これはとても怖い。森林組合の人たちは、山に入る時に塩を振りかけて入っていくようになりました。山ヒルは皮膚が陥没してしまうような痕跡を残します。
ウチの犬の前足に、山ヒルの痕らしき傷が残っています。人間は火を使って山ヒルを遠ざけますが、犬はそれができません。
鹿はもしかしたら駆除できるかもしれませんが、山ヒルは駆除の仕方が、もっともっと難しいかもしれません。音もなく忍び寄り、血を吸います。人間のはき出す二酸化炭素に反応するようです。
そのうち、山に人間は入れなくなってしまうのでは、と危惧しています。手入れをしない山は、土砂災害の危険も多くなってしまうのです。
  1. 2013/10/26(土) 14:41:40 |
  2. URL |
  3. 横峰なつ #-
  4. [ 編集 ]

難しい

 私には、何も行動ができそうにありません。
唯、生き物・動物・自然に対する思いは、皆様同様に真摯に受け止めています。
 身近な命・生活を大切にしていきます。
  1. 2013/10/26(土) 14:47:21 |
  2. URL |
  3. ジージババ #-
  4. [ 編集 ]

考えなければ・・・

最近、地元新聞が鹿の食害、山の危機などの特集記事を連載しておりました。

日当一万円で、山に入ってほしいとの要請が、県から猟友会にあったそうですが、当初の条件は、平日、60歳以下・・・怪我などを心配する気持ちもわからないではないけれど、そんな人がいるわけがありません。

猟師さんは、その場で解体するそうです。必要な分だけ持ち帰り、あとは、山の動物や鳥たちの餌になり、やがて、土に返る。
ジビエブームで、鹿の需要もあるのですが、食用として提供するには、認可された施設で、解体しなければならない。
山奥から、そのままの鹿を持ち帰るのは、よほど高額で引き取ってくれなければ無理。

鹿が増えることが、国土の存亡にかかわる問題なのだと知り、考えさせられました。
では、何をすべきか・・・何もできないけれど、最低限、関心をもつことだけは、続けていこうと思いました。
快適な生活は、捨てがたいけれど、少しずつ、我慢をすべき時が来ているように思います。

馳さんのように影響力のある方が、発信してくださるのは、とても、心強いです。
数学のように、ただ一つの正解があるわけではないので、いろんな考えがあると思いますが、わたしはこう思うといえるように、考えながら暮らしていきたいです。
  1. 2013/10/26(土) 14:58:03 |
  2. URL |
  3. く~り #lu3YW49c
  4. [ 編集 ]

本当に、人間みんなで考えないといけない問題ですね。
父さんのお話、良く分かりました。共感を覚えました。
自然の中に住まわせてもらっているという謙虚な心を
忘れてはならないですね。先住の動物達に敬意をはらう
事も…悲しいニュースを聞かなくて済む様、どんな事が
できるか、考えたいと思います。
  1. 2013/10/26(土) 16:36:39 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ  #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

そうですね。

難しい問題ですが、1番減らず、傲慢なのは人間ですね。熊や猪は悪くない、でも人を襲ったり、畑を荒らしたらいけない。棲みわけができてた時代は良かった。数が減らないから、少子化なのかもしれません。
  1. 2013/10/26(土) 16:41:22 |
  2. URL |
  3. のりこ #9xsPF1TE
  4. [ 編集 ]

NPOピッキオさんのブログ・・・

先日のコメント欄にURLを貼ってくださった方、ありがとうございました<(_ _)>
こういう活動をしている方たちがいらっしゃること、知りませんでした。
気の遠くなりそうな地道な活動・・・時間を忘れてブログを読みました。

日本に一頭しかいないベアドッグ・・・
今年9歳で亡くなったんですね~御苦労さまでした。

自然との共存は人間の知恵でなんとかしなきゃいけませんね。
とは書いてもどこに何をしたらいいのか・・・非力、無力な一主婦の独り言止まり!?
  1. 2013/10/26(土) 17:29:08 |
  2. URL |
  3. 銀風 #mWt2sFS6
  4. [ 編集 ]

みんな、気持ちは同じ…!(・_・;)

私は基本的に父さんの意見に賛成ですが、色々な意見が有って当然だと思いますし、議論をするのも良い事だと思います…!そして、この問題の答えを出すのが難しい事も、皆さんと同じ様に理解が出来るつもりです…!(。・・) が、私の答えは、あくまでも個人的な意見ですが、やはり、日本の自然に狼を復活させることだと思って居ます…!父さんも少し書いていらっしゃいましたが、トキの様に繁殖させて、少しずつ自然に返してゆく事が出来ませんかね…!?即効性は有りませんが、この意見はなかなか実現しませんよね…!?何故でしょうか…!?
あと、どなたかが書いていらっしゃいましたが、鹿のお肉って意外と美味しいんですよね…!?もっと広く流通しないかと以前から思って居ましたが、今回その理由を知り、国が動かない限りなかなか難しい事分かって歯がゆい思いで一杯です…!(>_<)
ちなみに、食べる話しばかりでヒンシュクをかいそうですが、以前熊汁にチャレンジして、その味の凄さに参りました…!!やはり、熊に関しては、お互いに干渉しあわないのがベストですね…!?なんだか幼稚な意見ですが、一言書かせて頂きました…!_(._.)_
  1. 2013/10/26(土) 17:45:48 |
  2. URL |
  3. ココアのママ #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/26(土) 18:47:55 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2013/10/26(土) 22:23:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

これからの深刻な課題ですね

人間と自然の持続可能な共存。
これからの人類の課題ですね。
自然の歴史は多くの種の絶滅の歴史でもある、とのこと。
幸いにも人間には書き言葉(今なら動画)でその歩みを記すことができます。
この美しい自然を後世の人々に少しでも多く残せるよう、
私たちが考え・行動しなければいけない時に来ていると思います。
生活者の経験・目線、そして学者の知識を合体させて、次の一歩を1日でも早く進めてほしいと思います。
そしてそれを他人事にしない各人の意識も必要なのだと、実感しています。
  1. 2013/10/27(日) 10:31:30 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

議論は大歓迎

立場によっていろいろな意見があるのは当然です。
様々な立場の方の意見が聞けるのは勉強になります。
矛盾しているようですが、森林は人間が手を加えないと荒れるそうです。
人類が文明を放棄できない以上、自然への最小限の介入は必要だと思います。
  1. 2013/10/27(日) 13:45:32 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

こんばんは

長野県在住のすずと申します
今朝の信毎(長野県の地元紙)に
霧ヶ峰で狼を語るという見出しで、
鹿の食害についての記事がありました
海外から狼の導入を訴える協会が、狼に対する理解を深める目的の会だった様です。
今すぐには難しい問題ですが、
地元住民や県と根気強く話し合いを続けて、昔の日本の様に自然のあるべき姿に戻る事を願います。
  1. 2013/10/27(日) 18:04:49 |
  2. URL |
  3. すず #26D.Fy6U
  4. [ 編集 ]

お久しぶりです

久しぶりに来てみたら何と!熊ですか!何事もなくて良かったです。
私は熊の生息地域ではないけれど猪が出る地域に住んでますので、間近で遭遇したことはないのですが散歩中に猪が荒らした所を良く見ますよ。土の中の虫を食べるために掘り起こすから平らなはずの土がめちゃくちゃ。昔はポインターやセッター連れた猟友会のおじさんたちを見かけることが多かったけど昨今ほとんど見かけなくなりました。減ってるんですねぇ、確かに。そして猪は増えていく。猪肉からセシウムが検出されたとかで駆除しても食用にできないから猟友会の人たちが自主的に狩猟に来てくれないということもあって農家の方々は悩んでます。野生動物との共存て簡単じゃないですね。
今年はブナが沢山実を付けたから熊は人里に降りてこないだろうって2週間ほど前に観光で行った八海山ロープウェイ辺りの人たちが言ってましたが、出逢いたくないですね、熊は。人は怖いって学習してもらってうまく共存できたらいいですが。
  1. 2013/10/28(月) 11:22:22 |
  2. URL |
  3. ベル #-
  4. [ 編集 ]

奈良の鹿

この日のブログ読んで、奈良の鹿を思い出しました。
奈良の鹿は、全然 人を怖がりません、人ごみの中でも平気でエサをもらってますし、車が来ても避けてくれるのが分かってるので 動きもしません。

長い間 保護してきたので数も増えすぎたらしいです。
で、間引きしましょうという話が以前出ててように記憶しています。
ほんまにニンゲンは勝手やなと その時に思いました。
増えさせたら処分する じゃなくて 
なんかいい方法を考えて、これからも必要以上に干渉せずに動物を共存出来るよう 考えんといけないと思います。
簡単じゃないし、己の勉強不足は棚に上げて 申し訳ないですけど 実現して欲しいと思います。
  1. 2013/10/28(月) 13:36:15 |
  2. URL |
  3. Keiko #lbyErxvE
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/836-5037e2cd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する