ワルテルと天使たちと小説家

闘病中の食欲について



アズ母さんからこんなコメントが来ました。


組織肉腫闘病中のうちの娘、昨日から食欲が落ち今朝は小さいラム缶をやっと食べましたが、何かオススメの物とか参考になるサイトとかお教え頂けると有難いのですがよろしくお願いしますm(__)m



えー、まず知っておいてもらいたいのは、消化吸収にはもの凄いエネルギーが必要だということです。
だから、人間でもワンコでも、重い病気の時は食欲が落ちるのです。
病気と闘うのに全エネルギーを投入したいのに、消化吸収に余分なエネルギーを使っている余裕はない。
食欲が落ちるというのは、そういうことです。

だから、食欲のない時に無理に食べさせることはない。父ちゃんはそう思っています。
人間も風邪をこじらせたりインフルエンザにかかったりしたら、普通の食事ではなくお粥を食べるでしょう? 肉や魚を消化してなんていられないんです。

マージの時は無理矢理食べさせました。もう自力ではなにも食べられないマージに、液体状の療法食を無理矢理飲ませた。マージは苦しがっていたのに、それでも飲ませた。
一日でも長く生きてほしい、そのためにはエネルギーが必要だから。

でも、マージが逝った後、父ちゃんは激しく後悔しました。
あれはおれのエゴだった。エゴが強すぎて、病気と闘ってぼろぼろだったマージにさらに辛い思いをさせた。


それがあるから、ワルテルの時は、無理には食べさせませんでした。
自然療法専門の獣医さんのアドバイスを受けながら、その時その時に必要だと思えるものを、主に野菜や穀物を与えていました。

食欲がないのに無理に食べさせるのは逆効果だ。
そうわかっていても、やっぱり、自分の愛するワンコが闘病中に食欲をなくすと恐怖が襲ってきます。
よぉくわかります。

まだワルテルが闘病中だった年の夏、友人たちがねぎらいに来てくれて、庭でBBQをしました。
その時、酔っぱらった父ちゃんは、網の上で焼かれる肉を見て「ワルテルに腹一杯肉を食わせてやりたいよう」と号泣してしまいました。
本当に食べさせてやりたかった。好きなものを腹一杯食べさせてやりたかった。

それでも、
ワルテルはまだ逝かない。
そう信じていたので、心を鬼にしたのです。

猛暑の間、ワルテルの食欲は落ち、ガリガリに痩せました。
なにを与えても食べない。
しかたがないので、ブロッコリのスプラウトをすり鉢ですって液状にしたものを加えた水だけを飲ませ続けました。
その水だけは、ワルテルは一生懸命舌を伸ばして飲んでくれたのです。

そして、夏が去ると、ワルテルは奇跡的に食欲を取り戻しました。
旅立つ日の朝も、ちゃんと食べていたのです。(元気だった頃に比べれば、量は少なかったですけれどね)

身体が必要ないと判断した時は食欲がなかったけれど、身体が必要だと判断すれば食べたのです。

14_0127_2.jpg

この先、ソーラやアイセが年老い、病気になって食欲が落ちたとしても、父ちゃんはワルテルにしてやったのと同じことをします。
食欲がないなら無理には食べさせない。顔で笑って心で泣きます。
マージの時のように、無理矢理食べさせることは絶対にしません。


アズ母さん、参考になったかな?
辛いでしょうけれど、頑張ってください。

ワンコの身体のどこに癌があるのかわからないけれど、ワルテルは肺に転移していて、それを抑えるために、レンコンをすり下ろして絞った汁を飲ませていました。
臓器の形状に似ている野菜にその臓器を修復する効果があるという考え方があるので。
肺の組織も、レンコンのように穴がぼこぼこあいたような感じになっています。

それから、闘病中は腎臓や肝臓の機能も低下します。
そのためにアズキカボチャというのを作って、団子状にして食べさせていました(薬もその団子に来るんで与えていました)
あんこを作る塩梅で小豆を煮て、途中でカボチャと塩少々を加えて作ります。




14_0120_8.jpg

  1. 2014/01/28(火) 09:30:41|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:13
<<お気に入り | ホーム | あり得ない冬>>

コメント

あたたかい文章です。
どうぶつだけでなく、高齢者、病気の方を家族にもつ人にとっても。
  1. 2014/01/28(火) 10:13:31 |
  2. URL |
  3. ぺす #A1vz8dvw
  4. [ 編集 ]

私も、無理に食べさせることはしませんでした。

うちの子も熱が高かった時は食欲が落ち、何をあげても嫌々するばかりでしたが、ステロイドで炎症を抑えて熱が下がってからは、また食欲魔人に戻りました。
食べれないから食べない、食べたくないんでしょうね。

うちは心臓にも転移していたようで、心不全の発作を起こしました。
その発作が治まってから、食べれるかな?と思いながらオヤツをあげた時、殆んど噛む力も残っていなかっただろうに、小さく割ってあげたオヤツをゆっくりゆっくりと食べました。
その美味しそうな嬉しそうな顔は、きっと一生忘れないと思います。

アズ母さん、お辛いでしょうが頑張って下さい。
いっぱい泣きたいでしょうが、どうか頑張って下さい。
  1. 2014/01/28(火) 10:26:05 |
  2. URL |
  3. クリスティー #tf3mD4xg
  4. [ 編集 ]

参考になります…!( ノω-、)

うちのココアも、もうすぐ7歳…バニにとっていよいよ“老犬”と呼ばれる時期に入ります…!今のところ、延命治療はしないと固く誓って居ますが、実際その時が来たら…!?正直な話し、自信が有りません…!
(。>A<。)
アズ母さん、ワンコを育てる全国の母さんが応援して居ます…!!今をどうぞ大切に…!私も父さんの様に、『顔で笑って、心で泣く…』態度を見習いたいと思っています…!_| ̄|○
  1. 2014/01/28(火) 12:25:38 |
  2. URL |
  3. ココアのママ #-
  4. [ 編集 ]

わたしも・・・

ウチの子は、17歳の老衰でしたので、参考にはならないかも知れませんが、無理に食べさせるのは、かえってしんどい思いをさせる、という獣医さんのお話に従い、食べさせませんでした。

5%の砂糖水を飲ませていました。ブドウ糖液やポカリを少し薄めてやるのもいいですよといわれたのですが、ウチの子は、砂糖水がお好みでした。

病気の子を見ているのは、とても辛いことですが、お母さんの姿が見えるところに寝かせてあげて、笑顔でたくさん話しかけてあげてください。

でも、やっぱり、食欲が戻ればいいですよね。
香りのいいものが、食欲を刺激することもあります。
あれこれ試してみてください。することがあると、気分的に楽になれます。
アズ母さんご自身も、お大事になさってください。
  1. 2014/01/28(火) 12:33:07 |
  2. URL |
  3. く~り #lu3YW49c
  4. [ 編集 ]

一枚目、

いいな~~~!
こんな写真を撮りたいです^^
3枚目も綺麗!!

今回の内容も書き記しておきます。
  1. 2014/01/28(火) 12:37:28 |
  2. URL |
  3. れおんの母 #RU5/JQlo
  4. [ 編集 ]

本当に、父さんの子供達に対する思いに涙が
あふれて仕方ありませんでした。
とても役立つお話、有難うございます。
いつか、きっと思いだして、実行します。

アズ母さん、娘さんと、穏やかな時間を
長くすごせます様に、祈っています。
  1. 2014/01/28(火) 13:51:22 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ  #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

馳さん、皆さん暖かいコメありがとうございます。いけないとわかっていながら泣いてしまいました。辛いのは本当はアズなのに。昨日からステロイドが利いて少し元気になりました。食欲も少し出てきました。残念ながら野菜嫌いでペーストにしても食べてくれません。ブロッコリースプラウトを試してみようと思います。うちは右前足の人間で言う手首の所に出来、肺に小さい影がみつかりました。ちょうど3ヵ月になります。娘じゃなく私が頑張らなきゃですよね!
  1. 2014/01/28(火) 14:27:02 |
  2. URL |
  3. アズ母さん #-
  4. [ 編集 ]

マージへの思い、それを受け止めた上でのワルちゃんへのすべて。
ソーラ・アイセ坊への決心・・・すべてが泣ける。
私は 無理やり食べさせたなあ・・・。
それが良いとは思わなくても 元気を取り戻して欲しかった・・・。
でも、とーさんのいうように辛かったんだろうなぁ家の子達。
我が家は 只今ワンズ達が旅立ってから猫4匹。
甲状腺が悪い子がいて やせ細っていて辛いです。
食べても痩せちゃうんです・・。食事療法ちゅうです。
私はボスなので とーさんのように顔で笑って心でないちゃいます。
今、出来ることを今やる!
いろいろあるでしょうが アズかあさん!応援しています。
病気の家族をお持ちのみなさん、人でも動物でも
頑張って!

  1. 2014/01/28(火) 14:34:32 |
  2. URL |
  3. おーじろう #-
  4. [ 編集 ]

闘病

道新のコラム読みました。
来週あたりかた「走ろうぜ…」の世界に突入でしょうか?
泣きますね…
  1. 2014/01/28(火) 19:43:55 |
  2. URL |
  3. LEON #-
  4. [ 編集 ]

なんて…

力強く、哀しいアドバイスでしょうか。うちの娘、こた黒柴もいつかは、そんな時を迎え、私は半狂乱になるでしょう。でも無理には食べさせないようにします。でもお腹一杯食べさせてやりたいです。
  1. 2014/01/28(火) 19:58:31 |
  2. URL |
  3. のりこ #9xsPF1TE
  4. [ 編集 ]

応援してますよ

ワルテルの闘病の様子をこのブログで読んで、
自分のわんこのように一喜一憂したことが思い出されます。
アズ母さん、思いつめたり無理したりしないでくださいね。
お母さんの笑顔が一番のお薬ですよ。
  1. 2014/01/28(火) 20:40:58 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

 親が子にそそぐ愛情ほど、深い
ものはありませんね。
私は、看病していたころを思い出すと、
辛いこと、後悔することがたくさんあり
ます。
 アズ母さんのご健康と御子の回復
をお祈りいたします。
  1. 2014/01/28(火) 21:58:14 |
  2. URL |
  3. じーじババ #-
  4. [ 編集 ]

父ちゃんと、みなさんのコメントに涙が止まりません。
わんちゃんは痛いとか辛いと言わないのが、飼い主には余計に辛いですよね。
アズ母さんが傍にいる事が、なによりも安心すると思います。
アズちゃんが、穏やかな時間を長く過ごせますよう応援しています!!
アズ母さん、笑顔で頑張って下さい!
  1. 2014/01/29(水) 11:47:48 |
  2. URL |
  3. らぶぞう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/901-d612353f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する