ワルテルと天使たちと小説家

イヌとヒト



 イヌはヒトを救うために狼から別れてイヌになったのだ。

 ヒトはヒトを救えないから。

 ヒトはあまりにも罪深いから。

14_0415_2.jpg

 だから、虐待されても捨てられても殺されても、イヌはヒトを恨まない。ヒトを愛し、ヒトを救い、ヒトをゆるす。

 なんと気高い存在だろう。


 酔っぱらい、ワンズの寝顔を見つめながら、そんなことを考えた。

14_0415_3.jpg


  1. 2014/04/18(金) 09:08:26|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:14
<<またまた三寒四温 | ホーム | 観測史上……>>

コメント

ひかってる

この子達の愛がひかりになって溢れてるみたい。
本当に、宝物だね。
光だね。
  1. 2014/04/18(金) 09:18:09 |
  2. URL |
  3. おーじろう #-
  4. [ 編集 ]

本当に気高い

イヌは人間よりはるかに神に近い存在かもしれません。
無償の愛を知っている。
ニンゲンはそれに応えているだろうか。。。
季節が変わっていこうとする今、
ふとそんなことを考えさせられますね。
  1. 2014/04/18(金) 10:26:01 |
  2. URL |
  3. ももちゃんのママ #bBmFigmc
  4. [ 編集 ]

天使ですね

「天使」って本当はこんな姿をしているんだな。
そう思いました。


  1. 2014/04/18(金) 10:52:02 |
  2. URL |
  3. 犬飼い見習い #-
  4. [ 編集 ]

先日、処分場に持ち込まれた9歳の子をボランティアさんから譲渡して頂きました。
うちの子たちがなれなかった、9歳です。
残された時は短いかもしれませんが、精一杯大切にしようと思っています。

ボロボロで酷い状態で捨てられたにもかかわらず、年配の方を見かけると後を追おうとします。
元の飼い主かもしれない、と思うのでしょうか。
捨てられてしまったのに、その愛情の深さを思うと涙が込み上げて来ます。

彼の9年間の過去の中には、少しでも可愛がられた時もあるのだと・・・
そう信じたいのですが、体から読み取れる、栄養失調、消化及び吸収不良、食物アレルギーからの角膜炎・湿疹・痒み・下痢・外耳炎・鼻炎・角化異常、歯肉炎(抜歯12本)、などを思うにつけ、あの酷い状態をどうして何もせず放っておけたのか、理解ができません。
産まれて来た時の健康な体に戻し、いっぱいの幸せで包んであげたいと思っています。
  1. 2014/04/18(金) 12:14:23 |
  2. URL |
  3. クリスティー #tf3mD4xg
  4. [ 編集 ]

いいタイミング・・・

うちの子たちは、お世辞にも気高いとはいえないワンズですが、わたしの健康と笑顔は、間違いなく彼らのおかげです。

いま、近藤史恵さんの「さいごの毛布」という老犬ホームが舞台の小説を読んでいます。本を読みながら、いろいろ考えていたことが、一篇の詩になっている・・・馳さんの文章は、いつも素敵です。
  1. 2014/04/18(金) 12:41:57 |
  2. URL |
  3. く~り #lu3YW49c
  4. [ 編集 ]

だから犬が好き…!

犬ほど、人間によってその種類(品種)を増やされた動物は居ないそうです…!それだけ、古代の昔から人間に寄り添い、生きてきた動物なんですね…!?(・・;)
私は犬を飼える事が本当に幸せですが、住んでいる茨城県が、殺処分数ワースト1位である事が本当に恥ずかしく、今は毎月犬を保護する団体への寄付を行って居ます…!
どうか、犬達に優しい社会になって欲しい…!そう願ってやみません…!!
  1. 2014/04/18(金) 19:29:09 |
  2. URL |
  3. ココアのママ #-
  4. [ 編集 ]

確かに・・・

旦那とわたしは、確かにレオンに救われました。
本当に、ありがとう

世界中のワンコに、幸せに暮らしてもらいたい。まだ、中々行動に出来ていないけど、とてもそう思います。
  1. 2014/04/19(土) 15:23:16 |
  2. URL |
  3. レオンのママ #-
  4. [ 編集 ]

私は、ワンが大好きで、いつもいつも癒されてます。

日本の社会はワンに優しくないです。
ワン拒否のところが多すぎます。
もっとヒトと同等に扱ってほしいです。
レストラン 公園 交通機関 宿泊施設、、、



でも
ヒトはヒトを救うと思います。
実際救われてます。

馳先生の言わんとすることと 的が外れていたらすみません。
  1. 2014/04/19(土) 19:06:48 |
  2. URL |
  3. さくら #WGv/JGO2
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/04/19(土) 20:32:12 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

心底辛いとき、傍に寄り添ってくれる 言葉を持たないワンコの優しさ。。そして人間よりも、どんな動物よりも 優れた「嬉しい・大好き」の感情表現!この子が傍にいなかったら。。
  1. 2014/04/20(日) 07:57:03 |
  2. URL |
  3. でんでん #-
  4. [ 編集 ]

本当に、大きな、大きな愛を生まれ持って
いるワンコ達…人はワンコから学ばないと
いけません。人生の師である偉大なワンコ、
尊敬すべき存在なのにこんなにも愛くるしい、
本当にシッポのある天使ですね!
  1. 2014/04/20(日) 14:27:10 |
  2. URL |
  3. 勘太-モモのママ  #0YcJaO/Q
  4. [ 編集 ]

やっと・・・

私も犬と暮らしておりますが、
なんとなく漠然と感じていた事を言葉にしていただいたような気持ちになっています。
自分では上手く表現できなかった事をやっと具現化できたような。

こんなにも素敵な文章との出逢い、ありがとうございます。
一生心に残ると思います。
2人の写真も神々しく素晴らしいですね!
  1. 2014/04/22(火) 14:38:13 |
  2. URL |
  3. なつめママ #-
  4. [ 編集 ]

我が家のバーニーズ・桜子(チェリー)は2012年12月に8歳7か月でこの世を去りました。虹の橋の袂で待っててくれていたらいいな・・・と思いながら、1年4か月経った今も私はチェリーにごめんねごめんね・・・と言い続け、後悔の念に苛まれています。お医者さんに言われるまま、母さんがちゃんと判断できなくて、母さんが悪かったの・・・ごめんねごめんね・・・

馳先生の文章を読んで、また涙がでました。
  1. 2014/04/22(火) 19:27:25 |
  2. URL |
  3. 桜子母 #-
  4. [ 編集 ]

彼女の後悔ばかりでしたがこのページを読ませていただき少しだけ前を向けるようになりました。
もっと大切にしてあげたかったなぁ
  1. 2014/07/16(水) 22:59:09 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://walterb.blog103.fc2.com/tb.php/953-956b7585
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する