ワルテルと天使たちと小説家

結弦君と昌磨君w



 土曜の夜は大変だった。
 フィギュアスケート世界選手権、羽生結弦の奇跡の大逆転!!

 父ちゃんも母ちゃんも食い入るようにテレビ画面に見入ってしまった。

 で、上の写真。
 世界最高記録を塗り替える、結弦君の得点が表示された時、母ちゃん、感極まって言葉にならない奇声をあげ、それに
辟易しているアイセの顔w


17_0328_4.jpeg

 宇野昌磨選手も凄かった。
 鬼気迫るふたりの演技には脱帽だ。

 おまけに父ちゃんは、ロシアの女子の選手、アンナ・ポゴリラヤにもらい泣き。
 フリーでまさかのジャンプミスを連発し、演技終了後には泣き崩れたアンナ。父ちゃん、もちろん、もらい泣き。
 でもって、キス&クライの席で得点発表を待つ間も泣きじゃくり、でも、観客の声援になんとかこたえようと、自分の指で無理矢理
口角を吊り上げて笑顔を作ろうとしたアンナを見て、またもらい泣き。
 演技中は妖艶だが、まだ18歳。その健気さに、父ちゃん、惚れ直したぜ~!!

 メドベージェワも神がかった演技で最高だったし、アイセにはちょっとやかましい数日間だったのは間違いない(苦笑)。


17_0328_13.jpeg

 母ちゃん曰く、「ワルテルは結弦で、アイセは昌磨なの」

 シャープなのか、狸っぽいのかってことでそ?w

 昌磨君と昌磨君ファンのみなさん、ごめんなさい。
 でも、演技中とそれ以外の表情の落差が魅力なんだと思うけどな。

 雪原を走ったり飛んだりしてる時のアイセと、そうじゃない時のアイセも同じだもの。


17_0401_4.jpeg


  1. 2017/04/03(月) 09:06:44|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

信頼



 早朝の、人も車も通らない林道でリードを外す。

 アイセは待ってましたとばかりに駆け出し、森の木々の匂いを嗅ぎ、マーキングをする。


17_0328_6.jpeg

 その間、父ちゃんは黙々と歩く。
 時々、振り返る。
 アイセは匂い嗅ぎに夢中になっている。

 父ちゃんとアイセの距離が10メートル開く。

 父ちゃんは歩き続ける。

 距離が20メートルに開く。

 父ちゃんは歩き続ける。

 アイセのことを信頼しているからだ。

 そのうち、アイセが全速力で駆けてくる足音が聞こえてくる。


17_0328_15.jpeg

「いい子だな、アイセ。グッボーイだ」

 駆けてきたアイセをハグし、大袈裟なまでに撫で回してやる。
 アイセは目を細め、尻尾をぶんぶん振る。

 父ちゃんとアイセは深い信頼で結ばれているのだ。

 その信頼の深さを実感できるというのは、なんて幸せなことだろう。


17_0328_16.jpeg


  1. 2017/03/31(金) 07:35:41|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:10

牡だけの日々



 先週末、母ちゃんは親友たちとお出かけで三日間留守にした。
 父ちゃんとアイ七だけ。
 マンマイが群れに加わってからは初めてじゃなかろうか?

 女子が周りにいると常に格好つけていなきゃならなかったワルテルは、こういう時はここぞとばかりに父ちゃんに甘えてきた。
 母ちゃんとソーラが同時に留守にするなんてことは滅多になかったからなあ。
 おまえ、ほんとに同じ犬か? と驚くぐらい甘えん坊に変身した。

 アイ七はどうなるのかなと思っていたが、変化無し。
 というか、めっちゃつまらなさそうだったw

 普段から甘えてぼくちゃんだし、父ちゃんひとり暮らしだとなんだかんだで忙しくてあんまりかまってやれないし。
 家にいる時間、アイ七はご飯を食べる時以外は、寝てるしかない。
 そりゃつまらんだろうなあw


17_0320_1.jpeg

 日曜日の夜、帰って来るなりアイ七は母ちゃんを捕まえて甘えまくった。

 父ちゃんはこういうことしてくれないんです~
 母ちゃんしかしてくれないんです~

 もう、でれでれであるwww

 母ちゃんは、親友のお母さんが染め直してくれた手ぬぐいをお土産に戻ってきた。

 おお、アイ七じゃなくて、ちゃんとアイセに直ってる。
 じゃあ、アイ七っていう呼び名もアイセに戻そうか。


 それにしてもアイセ、なんだ、そのどや顔は(苦笑)。



17_0327_21.jpeg


  1. 2017/03/29(水) 08:32:21|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:7

アイ七は今日も飛ぶ



 最近、アイ七は飛ぶ。
 よく飛ぶ。


17_0322_11.jpeg

 最近、飛ぶ頻度が減ってきたな、6歳だもんな、おっさんだもんなと思っていたのだが、どうもあんまり飛ばなくなったのは
無防備に駆けたり飛んだりしていると、マンマイに急襲されるかららしい。

 確かに、アイ七が嬉しそうに駆け回っていると、マンマイ怪獣は「遊ぶんだもん!」と飛びかかっていくからなあw


17_0323_12.jpeg

 マンマイがいないと、アイ七は飛ぶ。
 呆れるぐらいに飛ぶ。

 そして、極めつけがこれ↓。

 写真を撮りながら「おまえはモモンガかっ!」と叫んでしまった。

 めっちゃ飛んでるし。
 見事なフォルムの見事な滑空だし。

 凄いけど、やっぱもうオッサンだし、怪我が怖いし、こんなに飛ばなくていいからさ、アイ七。

17_0323_7.jpeg


  1. 2017/03/24(金) 08:25:57|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

ひとりっ子の肖像

 マンマイが一緒じゃないと撮れない写真がある。

 マンマイがいない時じゃないと見せない表情や仕種がある。




 かまってください、遊んでください~♪ のポーズ。
 マンマイが一緒の時は絶対にしないw


17_0317_6.jpeg

 写真ばっかり撮ってないで可愛がってください~♪ の顔。
 マンマイが一緒の時は絶対にこんな顔しないw



17_0320_21.jpeg

 今日の散歩も楽しかったです、満足したです! の顔。
 どんだけ子供返りすればいいねんw


 さて、今朝は朝から雪で、終日雪マークがずらり。
 昨日の夜からかなり期待していたのだが、積もるかどうかは超微妙(涙)。
 夜まで降り続けるってことだから、あんまり期待しないで期待していようw




  1. 2017/03/21(火) 08:18:49|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8
前のページ次のページ

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する