ワルテルと天使たちと小説家

エロエロ全開



 マンマイがちょっとでも隙を見せるとすかさずお尻の匂いを嗅ぎ、乗っかって腰を振る。

 へこへこへこへこ。
 へこへこへこへこ。

「いつになったら、可愛くて優しいアイセに戻るの?」
 と、母ちゃんが嘆く。


17_1015_14.jpeg

 マンマイはだいぶお姉さんになっていて、アイセがあまりにしつこいと激しく反撃する。

 それでもおかまいなし。
 とにかく、へこへこへこへこ。
 ずーっと、へこへこへこへこ。

 シャンプーもしたし、もう匂いしないと思うんだけどな、アイセよ。


17_1015_15.jpeg


  1. 2017/10/17(火) 08:44:41|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:5

おかえり



 パピーのころ、マンマイは鳥のように鳴いた。

 ぴーぴーぴーちく、ぴーぴーぱーちく。

 大人になったマンマイはお猿さんのように鳴く。

 犬舎で再会したのも束の間、マンマイはシャンプーで体を洗われ、台の上でブローされた。


17_1015_8.jpeg

 せっかく迎えに来てくれたと思ったのに、これはなになんだもん? シャンプーとかの場合じゃないんだもん!!

 そう言っているかのように、ブローされながら、ぎーぎー、がーがー、ぐぉっぐぉっと泣き続ける。

 なんだその鳴き声は、猿みたいじゃないかと父ちゃんたちが呆れると、さらに声を張り上げて鳴く。

 ごめんごめん、マンマイ。
 父ちゃんたちだって寂しかったよ。早くおまえと一緒に軽井沢に帰りたいんだよ。
 だけど、もう少しだけ辛抱しておくれ。


17_1015_10.jpeg

 エデン号に乗ると、マンマイは少しだけ落ち着いたように見えた。
 でも、油断大敵、また置いていかれるかもしれないからと、父ちゃんたちの動向に気を配っているのがわかる。

 だいじょうぶ、だいじょうぶ。
 家に帰るよ。
 またいつもの暮らしに戻るよ。
 毎日美味しいご飯食べて、散歩に行って、アイセと遊んで。
 幸せで楽しい日々が待っているよ。

 帰宅すると、マンマイはほっとした顔になった。
 そして、一ヶ月の不在なんてなかったかのように、すぐに日常に戻っていった。

 スケベおやじ全開のアイセには、少々うんざりしているようだが(苦笑)


17_1015_11.jpeg


  1. 2017/10/16(月) 09:00:00|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

しばらく見納め



 さてさて、今日、マンマイを迎えに行ってまいります♪


17_1010_1.jpeg

 ほぼ一ヶ月。
 長かったなあ。
 寂しかったなあ。



17_1010_10.jpeg

 アイセのぼくちゃん顔もマンマイの次のヒートが来るまで見納めだ。

 最初はマンマイの残り香嗅いでうはうはして、やがて、お兄ちゃんの顔に戻るだろう。

 マンマイ、待ってろよ~♪


17_1010_7.jpeg


  1. 2017/10/13(金) 09:00:00|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

12年目の……



 昨夜、軽井沢某所で、伴野酒造という佐久市にある酒蔵のお酒の試飲会があった。

 母ちゃんはこの酒蔵の「澤の花」というお酒の大ファンなので、いそいそと出かけていった。

 父ちゃんとアイセは留守番である。


17_1008_8.jpeg

 母ちゃんは夜の10時ごろ、帰宅した。

「凄いよ、凄いよ、凄いことだよ」

 とても興奮している。
 酔っ払ってるのかと思ったら、そうじゃなかった。

 軽井沢駅近くにちょっと有名な1コインバーがある。お酒が一杯500円で飲めるお店だ。
 その店のオーナーのケヴィンさんというアメリカ人が試飲会に来たのだという。

 それでワンコのことで盛りあがっていたら、ケヴィンさん夫婦は12年前、軽井沢駅そばにあった貸別荘に一週間ほど滞在し、
その時、隣のコテージを借りていたのが馳星周さんという作家で、バーニーズを二頭、飼っていたという話になったのだという。

 二頭のうちの一頭が病気でね。
 馳さんが毎朝その子を抱いて階段をおりていくのを見て、感動してたんだよ。

 ケヴィンさんはそう言ったんだそうだ。

「わたしの主人が馳星周なんです」

 母ちゃんは驚きながらそう伝えた。


17_1008_10.jpeg

 あの頃はマージの看病に必死で、隣のコテージにだれがいるかなんて、気が回る余裕はなかったよなあ。
 外人と日本人の夫婦なんていたっけかな?

 でも、マージを抱いて外に出ていく父ちゃんを見てたっていうんだから、間違いないんだ。

 当時は別のところに暮らしていた人間たちが、それぞれの理由で軽井沢に移住してきて、12年前に、一瞬すれ違っていたこと
を知る。

 なんだか、見えない手に引き寄せられたみたいだ。

 あの頃の想い出がぼろぼろと溢れてくる。

 ケヴィンさんは、一緒に暮らしているワンコの看病で、今はバーを休業中なのだそうだ。
 営業再開したら、必ず訪れて、昔話に花を咲かせてみようかと思う。

17_1008_13.jpeg


  1. 2017/10/12(木) 08:36:20|
  2. Dog
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:12

紅葉前線停滞中



 先週の寒さで一気に紅葉が進んだかに見えた軽井沢近辺。

 が、しかし、週末から気候は一変。

 日中の気温は25℃近くまであがり、なおかつ、湿度が高くて蒸し蒸しのもあもあ。

 夏が戻って来ちゃった(涙)。


17_1008_9.jpeg

 とはいえ、そこは10月。
 真夏とは違って、朝晩は冷え込む。

 んだから、朝晩は長袖、昼は半袖と、一日の間に着替えをしないとやってられない!

 日中、料理をすると、父ちゃん、汗だくだ。


17_1008_11.jpeg

 アイセも日中はベロをだらんとさせてはあはあしている。

 暑いよなあ。
 蒸し蒸しだよなあ。

 こんなの、10月じゃないよなあ

 夕方でもまだ20℃近い気温の中、父ちゃんとアイセはうだうだ歩く。

 やんなっちゃうな。
 でも、この暑さも今日までだって。

 もう少し頑張ろうな。

17_1008_12.jpeg


  1. 2017/10/11(水) 08:50:57|
  2. 軽井沢 春夏秋冬
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
前のページ次のページ

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

プロフィール

軽井沢で犬とともに暮らしています。 Canon EOS 7Dが愛機。レンズはそこそこ。

walterb

Author:walterb
 かつては夜の繁華街の住人。
 今は田舎暮らし。
 ネオンライトも雨上がりの森も、同様に愛す。

 冬が好きなのです。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する